研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
小原 良和
OHARA Yoshikazu
所属
大学院工学研究科・工学部
材料システム工学専攻
マイクロシステム学講座
材料システム計測学分野
職名
准教授
生年月
1980.03
学位
博士(工学)
研究分野
    全件表示
    研究課題
    • 閉じたき裂評価のための非線形超音波映像法の開発 (2009-2012)
    • サブハーモニック超音波による新たな定量的き裂評価の統括的アプローチに関する研究 (2005-2007)
    • 非線形超音波フェーズドアレイによる閉口き裂の評価法に関する研究 (2005-2008)
    全件表示
    研究キーワード
    超音波計測(特に非線形超音波)、非線形力学、材料評価学
    所属学会
    • 日本非破壊検査協会
    • 応用物理学会
    • IEEE
    全件表示
    学会活動・学会役員
    • 日本非破壊検査協会 先進超音波計測に関する萌芽技術研究会・主査(2020-)
    • 20th World Conference on Non-Destructive Testing (WCNDT2020)・Scientific committee(2019-)
    • ASA (Acoustical Society of America) Fall Meeting・Session organizer(2019-)
    全件表示
    主要著書

    Measurement of Nonlinear Ultrasonic Characteristics.[Springer,(2020)]Kyung-Young Jhang, Cliff J. Lissenden, Igor Solodov, Yoshikazu Ohara, Vitalyi Gusev


    Nonlinear Ultrasonic and Vibro-Acoustical Techniques for Nondestructive Evaluation.[Springer,(2018)]Yoshikazu Ohara, Tsuyoshi Mihara, Kazushi Yamanaka


    全件表示
    主要論文

    Imaging of three-dimensional crack open/closed distribution by nonlinear ultrasonic phased array based on fundamental wave amplitude difference.[Japanese Journal of Applied Physics,59(SK),(2020),SKKB01]Yoshikazu Ohara, Hiromichi Nakajima, Sylvain Haupert, Toshihiro Tsuji, Tsuyoshi Mihara
    10.35848/1347-4065/ab79ea


    Detecting and imaging stress corrosion cracking in stainless steel, with application to inspecting storage canisters for spent nuclear fuel.[NDT & E International,109,(2020),102180]Marcel C. Remillieux, Djamel Kaoumi, Yoshikazu Ohara, Marcie A. Stuber Geesey, Li Xi, Ryan Schoell, Charles R. Bryan, David G. Enos, Deborah A. Summa, T.J. Ulrich, Brian E. Anderson, Zeev Shayer
    10.1016/j.ndteint.2019.102180


    Nonlinear Nonlinear Surface-Acoustic-Wave Phased Array with Fixed-Voltage Fundamental Wave Amplitude Difference for Imaging Closed Cracks.[NDT&E International,108,(2019),102170-1-102170-10]Yoshikazu Ohara, Hiromichi Nakajima, Toshihiro Tsuji, Tsuyoshi Mihara
    10.1016/j.ndteint.2019.102170


    Nonlinear Ultrasonic Phased Array with Fixed-Voltage Fundamental Wave Amplitude Difference for High-Selectivity Imaging of Closed Cracks.[The Journal of the Acoustical Society of America,146(1),(2019),266-277]Yoshikazu Ohara, Hiromichi Nakajima, Sylvain Haupert, Toshihiro Tsuji, Tsuyoshi Mihara
    10.1121/1.5116017


    Multi-Mode Nonlinear Ultrasonic Phased Array for Imaging Closed Cracks.[Japanese Journal of Applied Physics,58,(2019),SGGB06-1-SGGB06-7]Yoshikazu Ohara, Jack Potter, Hiromichi Nakajima, Toshihiro Tsuji, Tsuyoshi Mihara
    10.7567/1347-4065/ab0adc


    全件表示
    主要総説・解説記事

    複数モードサブハーモニック超音波フェーズドアレイによる枝分かれ応力腐食割れの映像化.[超音波 TECHNO,31(6), (2019), 87-91]小原良和


    複数モード非線形共鳴超音波スペクトロスコピー.[超音波TECHNO,29(3), (2017), 84-89]小原良和


    小特集-音響に関する施設と装置- 非破壊検査のための超音波フェーズドアレイ映像装置.[日本音響学会誌,73(7), (2016), 426-427]小原良和
    10.20697/jasj.72.7_426


    閉じたき裂の非線形超音波映像法.[日本機械学会誌,119, (2016), 92-93]小原良和


    低周波と高周波を組み合わせた閉じたき裂の非線形超音波計測.[日本音響学会誌,71(12), (2015), 682-688]小原良和
    10.20697/jasj.71.12_682


    全件表示
    学術関係受賞
    • 日本金属学会 第17回村上奨励賞(2020)
    • 第40回本多記念研究奨励賞(2019)
    • 第17回インテリジェント・コスモス奨励賞(2018)
    • 工学研究科長特別教育賞(2018)
    • 第34回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム(USE2013)論文賞(2014)
    全件表示
    報道
      全件表示
      学外の社会活動
        全件表示
        外部機関における活動
          全件表示
          オープンキャンパス・研究所公開等
            全件表示
            メールアドレス
            メールアドレス
            データ更新日
            2020.09.25
            Englishこのページのトップへ
            copyright(c)2005 Tohoku University