研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
小原 良和
OHARA Yoshikazu
所属
大学院工学研究科・工学部
材料システム工学専攻
マイクロシステム学講座
材料システム計測学分野
職名
助教
生年月
1980.03
学位
博士(工学)
研究分野
    全件表示
    研究課題
    • 閉じたき裂評価のための非線形超音波映像法の開発 (2009-2012)
    • サブハーモニック超音波による新たな定量的き裂評価の統括的アプローチに関する研究 (2005-2007)
    • 非線形超音波フェーズドアレイによる閉口き裂の評価法に関する研究 (2005-2008)
    全件表示
    研究キーワード
    超音波計測(特に非線形超音波)、非線形力学、材料評価学
    所属学会
    • 日本非破壊検査協会
    • 応用物理学会
    • IEEE
    全件表示
    学会活動・学会役員
    • 11th European Conference on Non-Destructive Testing (ECNDT 2014)・Scientific committee(2013-)
    • 日本非破壊検査協会「非線形現象を利用した非破壊評価研究会」・幹事(2014-)
    • 日本非破壊検査協会「非線形超音波による非破壊評価の高度化研究会」・幹事(2012-2014)
    全件表示
    主要論文

    Evaluation of Crack Closure Stress by Analyses of Ultrasonic Phased Array Images during the Global Heating and Local Cooling.[Japanese Journal of Applied Physics,53,(2014),07KC20-1-7]Koji Takahashi, Kentaro Jinno, Yoshikazu Ohara, Kazushi Yamanaka
    10.7567/JJAP.53.07KC20


    High-Selectivity Ultrasonic Imaging of Closed Cracks Using Global Preheating and Local Cooling.[Materials Transactions,55(7),(2014),1003-1010]Yoshikazu OHARA, Koji TAKAHASHI, Kentaro JINNO, Kazushi YAMANAKA
    10.2320/matertrans.I-M2014810


    High-Selectivity Imaging of Closed Cracks Using Elastic Waves with Thermal Stress Induced by Global Preheating and Local Cooling.[Applied Physics Letters,103,(2013),031917-1-5]Yoshikazu OHARA, Kojita TAKAHASHI, Satoru MURAI, Kazushi YAMANAKA


    Enhancement of Selectivity in Nonlinear Ultrasonic Imaging of Closed Cracks Using Amplitude Difference Phased Array..[Japanese Journal of Applied Physics,51,(2012),07GB15-1-5-]Yoshikazu OHARA, Yohei SHINTAKU, Satoshi HORINOUCHI, Masako IKEUCHI, Kazushi YAMANAKA
    10.1143/JJAP.51.07GB18


    Nonlinear Ultrasonic Imaging Method for Closed Cracks Using Subtraction of Responses at Different External Loads.[Ultrasonics,51,(2011),661-666]Yoshikazu Ohara, Satoshi Horinouchi, Makoto Hashimoto, Yohei Shintaku, Kazushi Yamanaka


    全件表示
    主要総説・解説記事

    表面近傍のき裂・剥離の弾性表面波アレイ映像法 =非線形超音波への拡張=.[超音波TECHNO,26(3), (2014), 65-69]山中一司、依藤洋、菅原あずさ、大内彬寛、神納健太郎、小原良和


    広域加熱・局所冷却を用いた閉じたき裂の高選択性映像法とその解析.[非破壊検査,62(12), (2013), 600-605]小原良和、高橋恒二、神納健太郎、山中一司


    閉じたき裂の高精度計測のための非線形超音波映像法の開発.[日本金属学会 マテリア(新進気鋭),3, (2014), 100-103]小原良和


    振幅差分を用いた分調波映像法による閉口き裂の選択性向上.[技術検査,18(3)(2013), (2013), 1-5]小原良和、池内雅子、山中一司


    単一アレイサブハーモニック超音波フェーズドアレイによる応力腐食割れの高分解能映像化.[超音波TECHNO,5-6, (2012), 33-37]小原良和、山中一司


    全件表示
    学術関係受賞
    • 第34回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム(USE2013)論文賞(2014)
    • 本多記念会 第54回原田研究奨励賞(2014)
    • 日本金属学会 第23回奨励賞(力学特性部門)(2013)
    • 日本非破壊検査協会創立60周年記念 最優秀論文賞(2012)
    • 応用物理学会論文奨励賞(2010)
    全件表示
    報道
      全件表示
      学外の社会活動
        全件表示
        外部機関における活動
          全件表示
          オープンキャンパス・研究所公開等
            全件表示
            メールアドレス
            メールアドレス
            データ更新日
            2014.12.05
            Englishこのページのトップへ
            copyright(c)2005 Tohoku University