研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
新谷 尚弘
SHINTANI Takahiro
所属
大学院農学研究科・農学部
生物産業創成科学専攻
生物産業情報科学講座
遺伝子情報システム学分野
職名
准教授
生年月
1968.04
学位
博士(農学)
研究分野
  • 応用微生物学
全件表示
研究課題
  • 異常分泌タンパク質のERADエスケープとその相補的分解機構の解析 (2008-2010)
  • 「リソソーム・液胞系」タンパク質分解による細胞の環境適応機構の分子基盤 (2007-2009)
  • 細胞内輸送工学に基づく異種分泌タンパク質の安定化と効率的分泌生産 (2005-2007)
全件表示
研究キーワード
細胞内物質輸送,タンパク質分解,真核微生物,タンパク質生産,酵母,バイオマス分解
所属学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本分子生物学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    全件表示
    主要論文

    The C-terminal region of the yeast monocarboxylate transporter Jen1 acts as a glucose signal-responding degron recognized by the α-arrestin Rod1..[The Journal of Biological Chemistry,293,(2018),10926-10936]Fujita S, Sato D, Kasai H, Ohashi M, Tsukue S, Takekoshi Y, Gomi K, Shintani T*
    10.1074/jbc.RA117.001062
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29789424


    Induction of autophagy by phosphate starvation in an Atg11-dependent manner in Saccharomyces cerevisiae.[Biochemical and Biophysical Research Communications,483(1),(2017),522-527]Hiroto Yokota, Katsuya Gomi, Takahiro Shintani
    10.1016/j.bbrc.2016.12.112


    Cellular responses to the expression of unstable secretory proteins in the filamentous fungus Aspergillus oryzae.[Applied Microbiology and Biotechnology,101(6),(2017),2437-2446]Jun-ichi Yokota, Daisuke Shiro, Mizuki Tanaka, Yasumichi Onozaki, Osamu Mizutani, Dararat Kakizono, Sakurako Ichinose, Tomoko Shintani, Katsuya Gomi, and Takahiro Shintani*
    10.1007/s00253-016-8086-3


    Aspartyl Aminopeptidase Is Imported from the Cytoplasm to the Vacuole by Selective Autophagy in Saccharomyces cerevisiae.[Journal of Biological Chemistry,286,(2011),13704-13713]Masaki Yuga, Katsuya Gomi, Daniel J. Klionsky, and Takahiro Shintani


    全件表示
    主要総説・解説記事

    Autophagy in Health and Disease: A Double-Edged Sword.[Science,306(5698), (2004), 990-995]Takahiro Shintani, Daniel J Klionsky


    酵母Cvt経路.[共立出版 蛋白質核酸酵素,51(10), (2006), 1480-1483]新谷尚弘


    出芽酵母における選択オートファジーの新規輸送基質の発見 一粒で二度おいしい酵素たちの話.[化学と生物,50(10), (2012), 771-772]柚賀正樹, 新谷尚弘


    細胞内の資源リサイクルとゴミ処理.[社団法人 日本生物工学会 生物工学会誌,84(7), (2006), 289-]新谷尚弘


    全件表示
    学外の社会活動
      全件表示
      オープンキャンパス・研究所公開等
        全件表示
        メールアドレス
        メールアドレス
        データ更新日
        2019.04.01
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University