研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
村田 智
MURATA Satoshi
所属
大学院工学研究科・工学部
ロボティクス専攻
ナノシステム講座
分子ロボティクス分野
職名
教授
学位
博士(工学)
研究分野
  • 生体生命情報学
  • 知覚情報処理・知能ロボティクス
全件表示
研究課題
  • 分子ロボットの行動プログラミングのための制御系構築 (2015-2019)
  • 構造化ゲルと化学反応場の協働による運動創発(新学術領域「分子ロボティクス」計画研究) (2012-2017)
  • 電場駆動型デジタル分子デバイスの開発 (2015-2017)
全件表示
研究キーワード
分子ロボティクス, DNAナノエンジニアリング, 自律分散システム, 創発システム
所属学会
  • 計測自動制御学会
  • 日本ロボット学会
  • ISNSCE
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    Self-Organizing Robots.[Springer,(2012)]Satoshi Murata and Haruhisa Kurokawa


    DNAナノエンジニアリング.[近代科学社,(2011)]小宮健,瀧ノ上正浩,田中文昭,浜田省吾,村田智


    自己組織機械システムの設計論.[オーム社,(2009)]村田 智,黒河治久


    DNAフラクタル構造体の創製,トポロジーデザイニング-新しい幾何学からはじめる物質・材料設計-.[エヌティーエス,(2009)]村田 智


    DNAタイル・DNAオリガミ,自己組織化ハンドブック.[エヌティーエス,(2008)]村田 智


    全件表示
    主要論文

    全件表示
    主要総説・解説記事

    DNA分子を素材とするナノ構造の作成技術.[化学工業,60(1), (2009), 1-5]村田 智


    DNAタイルのプログラム自己集積.[日本結晶成長学会誌,34(2), (2007), 51-55]村田 智


    知の創発、14章 形を自在に変えるーユニット機械.[ユニット機械, (2000), 262-283]村田 智


    全件表示
    学術関係受賞
    • グットデザイン賞、M-TRAN IIIの開発(チーフデザイナー)(2007)
    • ロボティクス・メカトロニクス部門 ROBOMEC表彰(2004)
    • 計測自動制御学会論文賞(1996)
    • IEEE Trans. Industrial Electronics Outstanding Transaction Paper Award(1992)
    全件表示
    報道
      全件表示
      学外の社会活動
        全件表示
        外部機関における活動
          全件表示
          行政機関・企業・NPO等参加
            全件表示
            オープンキャンパス・研究所公開等
              全件表示
              データ更新日
              2017.01.04
              Englishこのページのトップへ
              copyright(c)2005 Tohoku University