研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
梶 弘和
KAJI Hirokazu
所属
大学院工学研究科・工学部
ファインメカニクス専攻
バイオメカニクス講座
バイオデバイス分野
職名
准教授
学位
博士(工学)
研究分野
  • マイクロ・ナノデバイス
  • 医用生体工学・生体材料学
  • ナノ材料・ナノバイオサイエンス
全件表示
研究キーワード
バイオインターフェース, バイオデバイス, 細胞組織工学
所属学会
  • 日本バイオマテリアル学会
  • 日本DDS学会
  • 化学とマイクロ・ナノシステム学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    全件表示
    主要論文

    Modeling angiogenesis with micro- and nanotechnology.[Lab Chip,Epub ahed of print,(2017)]Li-Jiun Chen and Hirokazu Kaji
    10.1039/C7LC00774D


    Drug delivery devices for retinal diseases.[Adv. Drug Deliv. Rev.,Epub ahed of print,(2017)]Hirokazu Kaji, Nobuhiro Nagai, Matsuhiko Nishizawa, Toshiaki Abe
    10.1016/j.addr.2017.07.002


    Microfluidic co-cultures of retinal pigment epithelial cells and vascular endothelial cells to investigate choroidal angiogenesis.[Sci. Rep.,7,(2017),3538-]Li-Jiun Chen, Shuntaro Ito, Hiroyuki Kai, Kuniaki Nagamine, Nobuhiro Nagai, Matsuhiko Nishizawa, Toshiaki Abe, Hirokazu Kaji
    10.1038/s41598-017-03788-5


    Micropatterned polymeric nanosheets for local delivery of an engineered epithelial monolayer.[Adv. Mater.,26,(2014),1699-1705]Toshinori Fujie, Yoshihiro Mori, Shuntaro Ito, Matsuhiko Nishizawa, Hojae Bae, Nobuhiro Nagai, Hideyuki Onami, Toshiaki Abe, Ali Khademhosseini, Hirokazu Kaji
    10.1002/adma.201301300


    Engineering systems for the generation of patterned co-cultures for controlling cell-cell interactions.[Biochim. Biophys. Acta-Gen. Subj.,1810,(2011),239-250]Hirokazu Kaji, Gulden Camci-Unal, Robert Langer, Ali Khademhosseini
    10.1016/j.bbagen.2010.07.002


    全件表示
    主要総説・解説記事

    マイクロ・ナノ技術を用いた細胞操作と医工領域への展開.[化学とマイクロ・ナノシステム,14, (2015), 1-5]梶 弘和


    Bioinspired Muscle Tissue Devices.[World Scientific Publishing Handbook of Biomimetics and Bioinspiration: 3 Volume Set, (2014), 969-984]Toshinori Fujie, Serge Ostrovidov, Samad Ahadian, S. Prakash Parthiban, Ali Khademhosseini, Hirokazu Kaji


    Microscale technologies for controlling the cellular microenvironment in time and space.[CRC Press Bionanotechnology II: Global Prospects, (2010), 247-266]Hirokazu Kaji, Yun-Ho Jang, Hojae Bae, Ali Khademhosseini


    In-situリソグラフィーによるバイオチップ表面の動的制御.[表面技術,59, (2008), 371-376]梶 弘和, 川島丈明, 関根宗一郎, 西澤松彦


    組織モデルを指向した細胞ネットワークチップ.[シーエムシー出版 動物実験代替のためのバイオマテリアル・デバイス, (2007), 277-285]梶 弘和, 西澤松彦


    全件表示
    学術関係受賞
      全件表示
      報道
        全件表示
        学外の社会活動
          全件表示
          外部機関における活動
            全件表示
            ホームページ
            http://www.biomems.mech.tohoku.ac.jp/index_j.html
            メールアドレス
            メールアドレス
            データ更新日
            2017.10.06
            Englishこのページのトップへ
            copyright(c)2005 Tohoku University