研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
梅津 光央
UMETSU mitsuo
所属
大学院工学研究科・工学部
バイオ工学専攻
生体機能化学講座
タンパク質工学分野
職名
教授
学位
博士(工学)
研究分野
  • 生物機能・バイオプロセス
  • 生物物理学
  • 生体関連化学
全件表示
研究課題
  • 生体分子を用いたナノクラスターアセンブリ (2003-)
  • 分光学的手法に基づく生体現象の解析 (2001-)
  • 蛋白質再生システム (2001-)
全件表示
研究キーワード
蛋白質工学,分光学
所属学会
  • 日本化学会
  • 化学工学会
  • 日本生物工学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    進化分子工学 高速分子進化によるタンパク質・核酸の開発.[エヌ・ティー・エス,(2013)]梅津 光央, 中澤 光, 服部 峰充


    バイオマス分解関連酵素研究の最前線.[(2012)]梅津 光央, 金 渡明, 中澤 光


    究極のかたちをつくる.[日刊工業新聞社,(2009)]梅津 光央


    バイオナノプロセス.[シーエムシー出版,(2008)]梅津 光央


    究極の粉をつくる.[日刊工業新聞社,(2008)]梅津 光央


    全件表示
    主要論文

    Enhancement of cellulolytic enzyme activity by clustering of cellulose binding domain on nanoscaffolds.[Small,7,(2011),656-664]Do-Myoung Kim, Mitsuo Umetsu, Kyo Takai, Takashi Matsuyama, Nobuhiro Ishida, Haruo Takahashi, Ryutaro Asano, and Izumi Kumagai


    High Affinity Anti-inorganic Material Antibody Generation by Integrating Graft and Evolution Technologies. POTENTIAL OF ANTIBODIES AS BIOINTERFACE MOLECULES.[The Journal of Biological Chemistry,285,(2010),7784-7793]Takamitsu Hattori, Mitsuo Umetsu, Takeshi Nakanishi, Takanari Togashi, Nozomi Yokoo, Hiroya Abe, Satoshi Ohara, Tadafumi Adschiri, and Izumi Kumagai


    Homogenous Spherical Mosslike Assembly of Pd Nanopartciles by using DNA Compaction -Application of Pd-DNA Hybrid Materials to Volume-Expansion Hydrogen Switches-.[Advanced Materials,20,(2008),1122-1128]Yoshiharu Hatakeyama, Mitsuo Umetsu, Satoshi Ohara, Fumihiko Kawadai, Seiitch Takami, Takashi Naka, and Tadafumi Adschiri


    Bioassisted room-temperature immobilization and mineralization of Zinc Oxide - High order structuration of ZnO nanoparticles to a flower-type morphology-.[Advanced Materials,17,(2005),2571-2575]Mitsuo Umetsu, Masamichi Mizuta, Kouhei Tsumoto, Satoshi Ohara, Seiichi Takami, Hideki Watanabe, Izumi Kumagai, Tadafumi Adschiri


    How additives influence the refolding of immunoglobulin-folded proteins in a stepwise dialysis system.[The Journal of Biological Chemistry,278(11),(2003),8979-8987]Mitsuo Umetsu,Kouhei Tsumoto,Masaki Hara,Kumar Ashish,Shuichiro Goda,Tadafumi Adschiri,Izumi Kumagai


    全件表示
    主要総説・解説記事

    ナノ材料も抗原? ポリマー・金属表面構造を識別できる抗体分子.[月刊「化学」,65, (2010), 66-67]熊谷 泉, 梅津 光央


    材料ナノ表面を抗原とする抗体-ナノ世界の糊として-.[バイオサイエンスとインダストリー,68, (2010), 39-43]梅津 光央, 渡邊 秀樹, 熊谷 泉


    DNA・ペプチドのバイオミネラリゼーション: 材料工学への新展開.[生物物理,49(2), (2009), 92-93]梅津 光央


    無機材料工学へ侵食するバイオ工学.[化学工業,59, (2008), 27-33]梅津 光央


    凝集蛋白質の効率的再生と分光学的フォールディング研究の接点 -抗体分子を中心として-.[生物物理,44, (2004), 102-107]梅津 光央, 津本 浩平, 熊谷 泉


    全件表示
    学術関係受賞
    • Best Poster Award 2008 in Material Research Society Spring Meeting(2008)
    • 平成16年度化学工学会 奨励賞(内藤雅喜記念賞)(2005)
    • 第20回生体機能関連化学部会 部会講演賞(2005)
    • YABEC2004 The Most Beautiful Poster Presentation 賞(2004)
    全件表示
    報道
    • ナノ粒子、自在に張り付け(資料提供 新聞 日経産業新聞)(2011)
    • 東北大学、分解力7倍の「スーパーセルラーゼ」作製(資料提供 その他 バイオテクノロジージャパン (日経BP社))(2009)
    • 東北大学、無機物に特異的結合する抗体作製に成功(資料提供 その他 日経バイオテク・オンライン(日経BP社))(2006)
    全件表示
    外部機関における活動
      全件表示
      ホームページ
      http://www.che.tohoku.ac.jp/~prn/
      メールアドレス
      メールアドレス
      データ更新日
      2016.04.11
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University