研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
北村 喜文
KITAMURA Yoshifumi
所属
電気通信研究所
人間情報システム研究部門
情報コンテンツ研究室
大学院担当
大学院情報科学研究科
システム情報科学専攻
情報コンテンツ学講座(協力講座)

職名
教授
学位
博士(工学)
研究分野
    全件表示
    研究課題
    • インタラクティブコンテンツ設計学 (2010)
    全件表示
    研究キーワード
    ヒューマンインタフェース, ヒューマンコンピュータインタラクション, インタラクティブコンテンツ, 3次元インタフェース, バーチャルリアリティ,立体 ディスプレイ, コンピュータグラフィックス,
    所属学会
      全件表示
      学会活動・学会役員
      • VRST: ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology・Steering Committee Chair(2004-)
      • EGVE: Eurographics Symposium on Virtual Environment・Steering Committee(2011-)
      • ACM SIGGRAPH Asia・Conference Advisory Group(2011-)
      全件表示
      主要著書

      全件表示
      主要論文

      A Real-time Algorithm for Accurate Collision Detection for Deformable Polyhedral Objects.[PRESENCE,7(1),(1998),36-52]Yoshifumi Kitamura, Andrew Smith, Haruo Takemura, Fumio Kishino
      10.1162/105474698565514


      A Sophisticated Manipulation Aid in a Virtual Environment using Dynamic Constraints among Object Faces.[PRESENCE,7(5),(1998),460-477]Yoshifumi Kitamura, Amy Yee, Fumio Kishino
      10.1162/105474698565857


      Interactive Stereoscopic Display for Three or More Users.[Computer Graphics, Annual Conference Series, Proceedings of ACM SIGGRAPH,(2001),231-239]Yoshifumi Kitamura, Takashige Konishi, Sumihiko Yamamoto, Fumio Kishino
      10.1145/383259.383285


      Interactive Computer Animation of Hand Gestures using Status Estimation with Multiple Regression Analysis.[Computer Graphics Forum,20(3),(2001),251-259]Yoshifumi Kitamura, Tomohiko Higashi, Takayuki Iida, Fumio Kishino
      10.1111/1467-8659.00517


      Cognitive Cubes: A Tangible User Interface for Cognitive Assessment.[Proceedings of Conference on Human Factors in Computing Systems (ACM CHI),(2002),347-354]Ehud Sharlin, Yuichi Itoh, Benjamin Watson, Yoshifumi Kitamura, Steve Sutphen, Lili Liu
      10.1145/503376.503438


      全件表示
      主要総説・解説記事

      物理法則に基づく仮想物体操作.[ヒューマンインタフェース学会誌,1(4), (1999), 25-33]北村喜文


      ビジュアルコンピューティング技術解説特集 最新コンピュータグラフィックス-基礎から応用まで- 6. インタラクション; 画像電子学会誌.[33(4-B), (2004), 659-668]五十嵐健夫, 北村喜文


      多人数共有型立体表示装置IllusionHoleの仕組みと応用.[システム/制御/情報,49(9), (2005), 374-379]北村喜文


      ディジタルテーブルを用いた三次元インタラクション.[画像電子学会誌,37(2), (2008), 150-156]北村喜文


      アソブレラ: 傘軸の振動を記録・再生するシステム.[日本磁気学会 まぐね/Magnetics,5(5), (2010), 229-234]吉田愛,伊藤雄一,尾崎麻耶,菊川哲也,深澤遼,藤田和之,高嶋和毅,北村喜文,岸野文郎


      全件表示
      学術関係受賞
        全件表示
        報道
        • 特集 「まるで近未来? 驚き "最先端" 技術が集結 注目の梅田北ヤードはニッポンの創造の都に」(出演・執筆 テレビ 関西テレビ放送)(2009)
        • 振動を伝える傘(出演・執筆 テレビ テレビ東京)(2009)
        • 3次元画像を送受信(出演・執筆 新聞 日本経済新聞)(2010)
        全件表示
        学外の社会活動
        • 東北大学イノベーションフェア2014(展示会)(2014)
        全件表示
        外部機関における活動
        • 独立行政法人 国際観光振興機構(2016-)
        全件表示
        行政機関・企業・NPO等参加
          全件表示
          データ更新日
          2018.01.12
          Englishこのページのトップへ
          copyright(c)2005 Tohoku University