研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
内田 隆史
UCHIDA Takafumi
所属
大学院農学研究科・農学部
応用生命科学専攻
分子細胞科学講座
分子酵素学分野
職名
教授
東北大学脳科学センター
生年月
1953.10
学位
農学博士
研究分野
  • 応用分子細胞生物学
  • 分子生物学
  • 機能生物化学
全件表示
研究課題
  • プロリン異性化酵素Pin1類似分子の健康への応用 (2000-)
  • 幹細胞の分化制御酵素の健康への応用 (2004-)
  • 癌に関係する酵素 (2000-)
全件表示
研究キーワード
プロリン異性化酵素、リン酸化蛋白質,微小管、構造と機能,酵素, 創薬
所属学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本生化学会
  • 日本分子生物学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    “Luminescence Biotechnology: Instruments and Applications”.[CRC Press LLC (New York),(2002)]Hosaka, S, and Uchida,T. (Ed.Van Dyke & Van Dyke)


    Polymers in Medicine.[Plenum Publishing Co. (New York),(1986)]Uchida, T., Suzuki, K., Hosaka, S. and Fujikura, T. (Eds. Chiellini, E., Giusti, P., Migliaresi, C. and Nicolais, L.)


    Macrophage Biology.[Alan R. Liss, Inc. (New York),(1985)]Uchida, T. and Hosaka, S. (eds. Richards, S. and Kojima, M.)


    免疫実験操作法, XIII.[(1984)]鈴木和男、内田隆史


    全件表示
    主要論文

    Mice lacking Pin1 develop normally, but are defective in entering cell cycle from G0 arrest..[Biochem Biophys Res Commun,,265,(1999),658-663]Fujimori, F., Takahashi, K., Uchida, C. and Uchida, T.*
    10.1006/bbrc.1999.1736


    The prolyl isomerase Pin1 reveals a mechanism to control p53 functions after genotoxic insults..[Nature,419,(2002),853-857]Zacchi, P., Gostissa, M., Uchida, T., Salvagno, C., Avolio F., Volinia, S., Ronai, Z., Blandino, G., Schneider, C. and Del Sal G.
    10.1016/S1074-5521(02)00310-1


    The prolyl isomerase Pin1 is a novel regulator of phosphorylated p53 in genotoxic response..[Nature,419,(2002),849-853]Zheng, H., You, H., Zhou, X-Z., Murray, S.A., Uchida,T., Wulf, G., Gu, L., Tang, X., Lu, KP and Xiao, J. Z-X
    10.1038/nature01116


    A signaling pathway controlling myc degradation that impacts oncogenic transformation of human cells..[Nature Cell Biology,6(4),(2004),308-318]Yeh, E, Cunnigham, M., Arnold, H., Chasse, D., Monteith, T., Ivaldi, G., Hahn, WC., Stukenberg, T., Shenolikar, S., Uchida, T., Counter, CM., Nevins, JR., Means, AR. and Sears, R.
    10.1038/ncb1110


    Role of the prolyl isomerase Pin1 in protecting against age-dependent neurodegeneration..[Nature,424,(2003),556-561]Liou,YC, Sun,A., Ryo,A., Zhou,X.Z., Yu, ZX., Huang,HK., Uchida, T., Bronson,R., Bing,G., Li,X., Hunter,T. and Lu,KP.
    10.1038/nature01832


    全件表示
    主要総説・解説記事

    全件表示
    学術関係受賞
    • 農芸化学会研究企画賞(2007)
    • ジェームスハドソンブラウンーアレクサンダーコクシイ奨学金(エール大医学部)(1987)
    • アメリカ癌学会トレーニング賞(2000)
    全件表示
    報道
    • アルツハイマー治療に一歩 東北大グループら(その他 新聞 毎日新聞、日本経済新聞など)(2003)
    • 癌抑制遺伝子を特定 東北大グループら(その他 新聞 日刊工業新聞)(2002)
    • リューマチ治療に光(その他 雑誌 日経バイオテク、インターネット)(2003)
    全件表示
    学外の社会活動
    • アイメック農法の紹介普及活動(ボランティア活動)(2011-)
    全件表示
    外部機関における活動
    • Nature Review Molecular Cell BIology(2006)
    • Nature Chemical Biology(2010)
    • Nature Structural and Molecular Biology(2012)
    全件表示
    行政機関・企業・NPO等参加
      全件表示
      オープンキャンパス・研究所公開等
        全件表示
        メールアドレス
        メールアドレス
        データ更新日
        2019.01.25
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University