研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
小池 洋二
KOIKE Yoji
所属
大学院工学研究科・工学部
応用物理学専攻
応用材料物理学講座
低温・超伝導物理学分野
職名
教授
生年月
1952.11
学位
理学博士
研究分野
  • 物性II
  • 応用物性・結晶工学
全件表示
研究課題
  • 高温超伝導体等の強相関電子系の物性研究 (1986-)
  • 新超伝導物質の探索 (1986-)
  • 低次元量子スピン系におけるエキゾティックな物性の研究 (1990-)
全件表示
研究キーワード
高温超伝導,電子物性,輸送現象,熱伝導,低温
所属学会
  • 応用物理学会
  • 日本物理学会
  • 日本中間子科学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 応用物理学会・フェロー(2008-)
  • 応用物理学会・東北支部役員(1996-)
  • 低温工学協会・東北・北海道支部役員(1998-)
全件表示
主要著書

全件表示
主要論文

New Lithium- and Diamines-Intercalated Superconductors Lix(C2H8N2)yTiSe2 and Lix(C6H16N2)yTiSe2.[Journal of the Physical Society of Japan,86(10),(2017),104701-1-104701-9]K. Sato, T. Noji, T. Hatakeda, T. Kawamata, M. Kato, Y. Koike
10.7566/JPSJ.86.104701


Strong Electron Correlation behind the Superconductivity in Ce-Free and Ce-Underdoped High-Tc T’-Cuprates.[Journal of the Physical Society of Japan,85(11),(2016),114716-1-114716-6]T. Adachi, A. Takahashi, K. M. Suzuki, M. A. Baqiya, T. Konno, T. Takamatsu, M. Kato, I. Watanabe, A. Koda, M. Miyazaki, R. Kadono, Y. Koike
10.7566/JPSJ.85.114716


New Alkali-Metal- and 2-Phenethylamine-Intercalated Superconductors Ax(C8H11N)yFe1-zSe (A = Li, Na) with the Largest Interlayer Spacings and Tc ~ 40 K.[Journal of the Physical Society of Japan,85(10),(2016),103702-1-103702-4]T. Hatakeda, T. Noji, K. Sato, T. Kawamata, M. Kato, Y. Koike
10.7566/JPSJ.85.103702


Pairing Symmetry Studied from Impurity Effects in the Undoped Superconductor T’-La1.8Eu0.2CuO4.[Journal of the Physical Society of Japan,85(9),(2016),093703-1-093703-4]K. Ohashi, T. Kawamata, T. Takamatsu, T. Adachi, M. Kato, Y. Koike
10.7566/JPSJ.85.093703


Thermal Conductivity and Spin State of the Spin Diamond-Chain System Azurite Cu3(CO3)2(OH)2.[Journal of the Physical Society of Japan,85(3),(2016),034715-1-034715-4]Y. Hagiya, T. Kawamata, K. Naruse, M. Ohno, Y. Matsuoka, H. Sudo, H. Nagasawa, H. Kikuchi, T. Sasaki, Y. Koike
10.7566/JPSJ.85.034715


全件表示
主要総説・解説記事

超伝導体のμSR研究 ―銅酸化物高温超伝導体における磁性―.[日本アイソトープ協会 RADIOISOTOPES,65(8), (2016), 325-344]小池洋二、足立匡
10.3769/radioisotopes.65.325


Nd2CuO4構造(T’構造)を有する電子型銅酸化物における還元処理による電子状態の変化とノンドープ超伝導のメカニズム.[株式会社アグネ技術センター 固体物理,49(5), (2014), 333-344]足立匡、小池洋二


スピンによる熱伝導.[日本伝熱学会誌「伝熱」,50(211), (2011), 12-20]小池洋二、川股隆行


高温超伝導の理解はどこまで進んだか? (その1)―高温超伝導のやさしい理解―.[日本金属学会会報『まてりあ』,45(7), (2006), 527-534]小池洋二


高温超伝導の理解はどこまで進んだか? (その2)―高温超伝導の最近のトピックス―.[日本金属学会会報『まてりあ』,45(8), (2006), 592-597]小池洋二


全件表示
学術関係受賞
    全件表示
    報道
    • ホールを注入したT'型銅酸化物超伝導物質 東北大の研究グループ発見 銅酸化物の高温超伝導メカニズム解明に期待(資料提供 新聞 科学新聞)(2012)
    • 注目を集める超伝導研究 鍵握る「室温」物質発見(その他 新聞 河北新報)(2012)
    • 高温超電導の新物質を合成 電子注入型世界で3種類目(資料提供 新聞 読売新聞)(2004)
    全件表示
    学外の社会活動
      全件表示
      外部機関における活動
        全件表示
        行政機関・企業・NPO等参加
          全件表示
          メールアドレス
          メールアドレス
          データ更新日
          2017.10.02
          Englishこのページのトップへ
          copyright(c)2005 Tohoku University