研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
尾定 誠
OSADA Makoto
所属
大学院農学研究科・農学部
資源生物科学専攻
水圏生物生産科学講座
水圏動物生理学分野
職名
教授
財団法人かき研究所顧問
学位
農学博士
農学修士
研究分野
  • 水産学一般(水産増殖学)
全件表示
研究課題
  • 海産二枚貝の生殖生物学 (1985-)
  • 定着性二枚貝のエストロゲンシグナリング関連遺伝子による海洋環境の生物モニタリング (2007-2009)
全件表示
研究キーワード
海産二枚貝,生殖,内分泌
所属学会
  • 日本水産学会
  • 日本比較内分泌学会
  • 国際無脊椎動物生殖学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本水産増殖学会・会長(2018-2021)
  • 日本比較内分泌学会・幹事(2019-)
  • 日本水産増殖学会・編集委員(2015-2021)
全件表示
主要著書

水産増養殖システムー第3巻 貝類・甲殻類・ウニ類・藻類ー.[恒星社厚生閣,(2005)]尾定誠、峰岸香


軟体動物概説(下巻).[サイエンティスト社,(1999)]尾定誠,森勝義


Physiology of Molluscs.[Apple Academic Press,(2016)]Makoto Osada*, Toshie Matsumoto
ISBN9781771884082


カキ・ホタテガイ・アワビー生産技術と関連研究領域ー.[恒星社厚生閣,(1995)]尾定誠,松谷武成


見てわかる農学シリーズ4「バイオテクノロジー概論」.[朝倉書店,(2012)]尾定誠、鈴木徹


全件表示
主要論文

In vivo administration of scallop GnRH-like peptide influences on gonad development in the Yesso scallop, Patinopecten yessoensis.[PLoS ONE,10(6),(2015),e0129571-]Kazue Nagasawa, Hitoshi Oouchi, Naoki Itoh, Keisuke G. Takahashi, *Makoto Osada
10.1371/journal.pone.0129571


Characterization of GnRH-like peptides from the nerve ganglia of Yesso scallop, Patinopecten yessoensis.[Peptides,71,(2015),202-210]Kazue Nagasawa, Tomohiro Osugi, Iwao Suzuki, Naoki Itoh, Keisuke G. Takahashi, Honoo Satake, Makoto Osada*
10.1016/j.peptides.2015.07.022


Functional characterization of an invertebrate gonadotropin-releasing hormone receptor in the Yesso scallop Mizuhopecten yessoensis.[Gen. Comp. Endocrinol.,282,(2019),113201-]Kazue Nagasawa, Shin Matsubara, Honoo Satake, Makoto Osada
10.1016/j.ygcen.2019.06.005


Molecular identification of steroidogenesis-related genes in scallops and their potential roles in gametogenesis.[Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology,186,(2019),22-33]Tongchai Thitiphuree, Kazue Nagasawa, Makoto Osada*
10.1016/j.jsbmb.2018.09.004


Isolation and Functional Characterization for Oocyte Maturation and Sperm Motility of the Oocyte Maturation Arresting Factor from the Japanese Scallop, Patinopecten yessoensis.[Gen. Comp. Endocrinol.,179,(2012),350-357]Yuan Yuana, Toru Tanabe, Fumihito Maekawa, Kazuo Inaba, Yusuke Maeda, Naoki Itoh, Keisuke G. Takahashi and Makoto Osada*
10.1016/j.ygcen.2012.09.006


全件表示
主要総説・解説記事

全件表示
報道
  • 東北大学 餌1マイクログラムで成長良好 植物プランクトン量に目安(資料提供 新聞 水産新聞)(2002)
全件表示
学外の社会活動
    全件表示
    外部機関における活動
      全件表示
      行政機関・企業・NPO等参加
        全件表示
        オープンキャンパス・研究所公開等
          全件表示
          メールアドレス
          メールアドレス
          データ更新日
          2020.04.22
          Englishこのページのトップへ
          copyright(c)2005 Tohoku University