研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
太田 信
OHTA Makoto
所属
流体科学研究所
流動創成研究部門
生体流動ダイナミクス研究分野
大学院担当
大学院医工学研究科
医工学専攻


大学院工学研究科・工学部
ロボティクス専攻

職名
准教授
先進医工学研究機構
生年月
1970.10
学位
博士(工学)
研究分野
  • 医用生体工学・生体材料学
  • 流体工学
  • 脳神経外科学
全件表示
研究課題
  • 医工学 (2001)
全件表示
研究キーワード
生体モデル,3次元再構築,血流,動脈瘤,血管内治療,摩耗,口腔
所属学会
    全件表示
    学会活動・学会役員
    • 日本機械学会 バイオエンジニアリング部門・運営委員会(2019-2021)
    • 日本機械学会 バイオエンジニアリング部門・広報委員長(2019-2021)
    全件表示
    主要著書

    全件表示
    主要論文

    Development of a polyvinyl alcohol hydrogel for temperature measurement by MRI.[Technology and Health Care,13(4),(2005),221-228]Makoto Ohta, J. Paul Jacobson, Emile Hiltbr and Alexis Kelekis, Marko Ivancevic, Daniel A. Rüfenacht, Hiroo Iwata, Sadami Tsutsumi,


    Poly-vinyl alcohol hydrogel vascular models for in vitro aneurysm simulations: the key to low friction surfaces.[Tech. & Health Care,12(3),(2004),225-233]Makoto. Ohta, Akira Handa, Hiroo Iwata, Daniel A. Rüfenacht, Sadami Tsutsumi


    A lattice boltzmann study of blood flow in stented aneurysms.[Future Generation Computer Systems,20(6),(2005),925-934]Miki Hirabayashi, Makoto Ohta, Daniel A. Ruefenacht, Bastien Chopard


    Rheological changes after stenting of a cerebral aneurysm: a finite element modeling approach.[Cardiovascular interventional radiology,28(6),(2005),768-772]Makoto Ohta, Stephan G. Wetzel, Philippe Dantan, C. Bachalat, Karl O. Lovblad, Hasan Yilmaz, Patrice Flaud, Daniel A. Rüfenacht


    Influence of stent properties on the alteration of cerebral intra-aneurysmal haemodynamics: flow quantification in elastic sidewall aneurysm models.[Neurological Research,,27(1),(2005),120-128]Baráth, Krisztina, Cassot, Francis, Fasel, Jean H.D., Ohta, Makoto, Rüfenacht, Daniel


    全件表示
    主要総説・解説記事

    全件表示
    学術関係受賞
      全件表示
      報道
        全件表示
        学外の社会活動
        • みやぎ県民大学(公開講座)(2009)
        • 宮城県民大学(公開講座)(2009)
        全件表示
        外部機関における活動
        • 海綿骨モデルを含む脊椎骨周辺のモデルの力学的測定法に関する国際標準 化(2017-2020)
        • ISO/TC150/WG14(2019-)
        全件表示
        行政機関・企業・NPO等参加
        • (民間企業) 取締役(2019-)
        • (国) 戦略的国際標準化加速事業・政府戦略分野に係わる国際標準開発活動「バイオセラミックスの整備津学的多能性評価に関する国際標準化」 委員(2019-)
        全件表示
        オープンキャンパス・研究所公開等
          全件表示
          メールアドレス
          メールアドレス
          データ更新日
          2019.04.01
          Englishこのページのトップへ
          copyright(c)2005 Tohoku University