研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
吉見 享祐
YOSHIMI Kyosuke
所属
大学院工学研究科・工学部
知能デバイス材料学専攻
ナノ材料物性学講座
強度材料物性学分野
職名
教授
生年月
1964.08
学位
博士(工学)
工学修士
研究分野
  • 構造・機能材料
  • 金属物性
  • 複合材料・物性
全件表示
研究課題
  • 超高温材料の創製と超高温特性の評価 (1997-)
  • 金属間化合物材料の結晶塑性 (1993-)
  • フラーレン改質金属材料の合成と性質 (2005-)
全件表示
研究キーワード
超高温材料, 金属間化合物, 結晶塑性
所属学会
  • (社)日本金属学会
  • (社)日本複合材料学会
  • Materials Research Society
全件表示
学会活動・学会役員
  • (社)日本金属学会・分科会幹事(2011-)
  • (社)日本金属学会・会誌・欧文誌編集委員(2008-2014)
全件表示
主要著書

全件表示
主要論文

Yielding and Plastic Flow Behavior of B2-type Fe-39.5 mol1% Al Single Crystals in Compression.[Acta Metallurgica et Materialia,43(11),(1995),4141-4151]K. Yoshimi,S. Hanada, M. H. Yoo


Yielding and flow behavior of Mo5Si3 single crystals.[Scripta Materialia,45(11),(2001),1321-1326]K. Yoshimi, M.H. Yoo, A.A. Wereszczak, S.M. Borowicz, E.P. George, R.H. Zee
10.1016/S1359-6462(01)01170-8


Nanoscale surface self-patterning of FeAl single crystals by vacancy absorption process.[Applied Physics Letters,89(7),(2006),073110-]K. Yoshimi, M. Tsunekane, R. Nakamura, A. Yamauchi, S. Hanada


Nanoporous Surfaces of FeAl Formed by Vacancy Clustering.[Materials Transactions,43(11),(2002),2897-2902]Kyosuke Yoshimi,Shuji Hanada,Tomohide Haraguchi,Hidemi Kato,Takaomi Itoi,Akihisa Inoue


全件表示
主要総説・解説記事

原子空孔を利用したB2型金属間化合物のナノ表面形態の制御とナノテンプレートへの応用.[アグネ技術センター 金属,76(7), (2006), 37-42]吉見享祐


ナノポーラス金属材料とボトムアップ型ナノ組織制御.[日本金属学会 日本金属学会報まてりあ,46(3), (2007), 220-224]吉見享祐


過飽和空孔を利用したB2型金属間化合物表面の自己組織化.[日本金属学会 日本金属学会報まてりあ,42(4), (2003), 304-310]吉見享祐


Mo-Si-B基超高温耐熱複合材料の材料設計と高温特性.[日本金属学会 日本金属学会報まてりあ,41(3), (2002), 146-149]吉見享祐


Mo-Si系金属間化合物基超高温耐熱材料の合金設計と組織制御.[日本塑性加工学会 塑性と加工(日本塑性加工学会誌),48(561), (2007), 17-21]吉見享祐 他


全件表示
学術関係受賞
  • 第68回 日本金属学会功績賞(2010)
  • 第6回 日本金属学会奨励賞(1996)
  • 原田研究奨励賞(2000)
  • 2002 MRS Fall Meeting Best Poster Award(2002)
  • 本間記念賞(2003)
全件表示
報道
    全件表示
    学外の社会活動
      全件表示
      外部機関における活動
      • 日本学術振興会 耐熱金属材料第123委員会(2012-)
      全件表示
      行政機関・企業・NPO等参加
        全件表示
        オープンキャンパス・研究所公開等
          全件表示
          ホームページ
          http://www.material.tohoku.ac.jp/~uhtm/lab.html
          メールアドレス
          メールアドレス
          データ更新日
          2017.09.27
          Englishこのページのトップへ
          copyright(c)2005 Tohoku University