研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
津田 雅孝
TSUDA Masataka
所属
大学院生命科学研究科
分子化学生物学専攻
分子ネットワーク講座
微生物遺伝分野
職名
教授
学位
理学博士
理学修士
研究分野
  • 遺伝・ゲノム動態
  • 応用生物化学(遺伝生態学)
  • 基礎ゲノム科学
全件表示
研究課題
  • 細菌ゲノムの研究 (1998-)
  • 細菌による環境汚染物質分解 (1983-)
  • 細菌遺伝子の再編成と水平伝播 (1980-)
全件表示
研究キーワード
細菌遺伝学,細菌ゲノム,バイオレメディエーション,環境修復,環境生態,遺伝子再編成
所属学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本ゲノム微生物学会
  • 日本微生物生態学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    Biodegradative Bacteria: How Bacteria Degrade, Survive, Adapt, and Evolve.[Springer,(2014)]H. Nojiri, M. Tsuda, Y. Kamagata, and M. Fukuda
    ISBN978-4-431-54519-4


    DNA Transposable Elements Research.[Nova Science Publishers,(2008)]M. Sota, H. Yano, and M. Tsuda


    遺伝情報のダイナミズムとその分子機構.[東北大学遺伝生態研究センター,(2001)]津田雅孝, 源河浩之


    Molecular Biology of Pseudomonads.[ASM Press,(1996)]M. Tsuda


    遺伝生態情報の可能性.[東北大学遺伝生態研究センター,(1996)]津田雅孝


    全件表示
    主要論文

    Distribution and organization of auxotrophic genes on the multichromosomal genome of Burkholderia multivorans ATCC17616.[.J. Bacteriol.,185,(2003),3333-3343]H. Komatsu, Y. Imura, A. Ohori, Y. Nagata, and M. Tsuda


    Structure of haloacetate-catabolic IncP-1β plasmid pUO1 and genetic mobility of its residing haloacetate-catabolic transposon.[J. Bacteriol.,185,(2003),6741-6745]M. Sota, H. Kawasaki, and M. Tsuda


    Site-specific recombination system encoded by toluene catabolic transposon Tn4651.[Journal of Bacteriology,184(17),(2002),4757-4766]H. Genka, Y. Nagata, and M. Tsuda


    Identification and characterization of Tn4656, a novel class II transposon carrying a set of toluene-degrading genes from TOL plasmid pWW53.[Journal of Bacteriology,183(21),(2001),6215-6224]M. Tsuda and H. Genka


    A positive regulatory gene, pvdS, for expression of pyoverdin biosynthetic genes in Pseudomonas aeruginosa PAO.[Mol. Gen. Genet.,248(1),(1995),17-24]H. Miyazaki, H. Kato, T. Nakazawa, and M. Tsuda


    全件表示
    主要総説・解説記事

    メタゲノム的発想に基づいた新規環境汚染物質分解酵素遺伝子へのアプローチ.[化学と生物,43(1), (2005), 33-42]永田裕二, 津田雅孝


    環境浄化能をつかさどる遺伝子を担う可動遺伝因子.[共立出版 蛋白質核酸酵素,50(12), (2005), 1527-1534]津田雅孝, 曽田匡洋


    シュードモナス属細菌のトランスポゾンの解析とトランスポゾンを用いた分子遺伝学的解析.[日本細菌学雑誌,50, (1995), 947-959]津田雅孝


    環境細菌ゲノムと環境DNA.[J. Environ. Biotechnol.,3(2), (2004), 69-78]津田雅孝, 小松春伸, 大坪嘉行, 永田裕二


    Mobile catabolic genes in bacteria.[J. Biosci. Bioeng.,87(4), (1999), 401-410]M. Tsuda, H.-M. Tan, A. Nishi, and K. Furukawa


    全件表示
    学術関係受賞
    • 日本細菌学会黒屋奨学賞(1995)
    全件表示
    報道
    • 土壌から新遺伝子直接採取 東北大が新手法開発 生命科学研究科:津田雅孝教授、永田裕二助教授ら(資料提供 新聞 日刊工業新聞)(2003)
    全件表示
    学外の社会活動
      全件表示
      行政機関・企業・NPO等参加
      • 製品評価技術基盤機構(国) 遺伝子組換え生物等の検出技術検討委員会 委員(2004-2009)
      • 製品評価技術基盤機構(国) 遺伝子組換え生物等収去・検出技術検討委員会 委員(2009-)
      全件表示
      オープンキャンパス・研究所公開等
        全件表示
        データ更新日
        2019.08.15
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University