研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
坂本 修一
SAKAMOTO Shuichi
所属
電気通信研究所
人間情報システム研究部門
先端音情報システム研究室
大学院担当
大学院情報科学研究科
システム情報科学専攻

職名
准教授
生年月
1972.06
研究分野
  • 知能情報学(音響心理)
  • 知能情報学(音声知覚)
全件表示
研究課題
  • 3次元音空間情報の高精細センシング技術の確立 (2007-)
  • 聴覚情報を含めたマルチモーダル情報処理過程としての自己運動知覚過程の解明 (2001-)
  • 視覚情報を含めた音声知覚過程の解明 (2001-)
全件表示
研究キーワード
多感覚情報処理,3次元音空間収音再生,視聴覚音声知覚
所属学会
  • 日本音響学会
  • 電子情報通信学会
  • 日本聴覚医学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本音響学会・理事(2015-)
  • 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループヒューマン情報処理研究専門委員会・副委員長(2016-)
  • 日本音響学会編集委員会・編集委員(2011-)
全件表示
主要著書

親密度別単語了解度試験用音声データセット2003(FW03).[国立情報学研究所 音声資源コンソーシアム,(2003)]天野成昭,近藤公久,坂本修一,鈴木陽一


親密度別単語了解度試験用音声データセット2007(FW07).[国立情報学研究所 音声資源コンソーシアム,(2007)]近藤公久,天野成昭,坂本修一,鈴木陽一


全件表示
主要論文

3D sound-space sensing method based on numerous symmetrically arranged microphones.[IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences,E97-A(9),(2014),1893-1901]Shuichi Sakamoto, Satoshi Hongo and Yo-iti Suzuki


Compression of auditory space during forward self-motion.[PLoS ONE,7(6),(2012),e39402-]Wataru Teramoto, Shuichi Sakamoto, Fumimasa Furume, Jiro Gyoba and Yôiti Suzuki


Two-Stage Binaural Speech Enhancement with Wiener Filter (TS-BASE/WF) for High-Quality Speech Communication.[Speech Communication,53(5),(2011),677-689]Junfeng Li, Shuichi Sakamoto, Satoshi Hongo, Masato Akagi and Yôiti Suzuki


Effect of speed difference between time-expanded speech and moving image of talker's face on word intelligibility.[Journal on Multimodal User Interfaces,2(3-4),(2008),199-203]Shuichi Sakamoto, Akihiro Tanaka, Komi Tsumura and Yôiti Suzuki


The effects of linearly moving sound images on self-motion percetion.[Acoustical Science and Technology,1(25),(2004),100-102]Shuichi Sakamoto, Yusuke Osada, Yoiti Suzuki and Jiro Gyoba


全件表示
主要総説・解説記事

全件表示
学術関係受賞
  • 日本音響学会粟屋潔学術奨励賞(2005)
  • 日本音響学会第57回佐藤論文賞(2017)
  • 日本感性工学会第5回大会優秀発表賞(2004)
  • Japan-China Joint Conference on Acoustics (JCA2007) Best Paper Award(2007)
全件表示
報道
  • 音の方向はっきり-補聴器に新たな雑音処理法-(出演・執筆 新聞)(2008)
全件表示
ホームページ
http://www.ais.riec.tohoku.ac.jp/~saka/
メールアドレス
メールアドレス
データ更新日
2017.07.14
Englishこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University