研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
池尾 恭一
IKEO Kyoichi
所属
大学院教育学研究科・教育学部
総合教育科学専攻
職名
准教授
生年月
1957.02
学位
文学修士
研究分野
  • 哲学・倫理学(道徳哲学)
全件表示
研究課題
  • カント倫理学 (1980)
  • 近代道徳哲学 (1993)
全件表示
研究キーワード
カント実践哲学,倫理学
所属学会
  • 日本倫理学会
  • 日本カント協会
  • 教育哲学会
全件表示
主要著書

道徳の最高原理としての定言命法 〔『カント読本』所収〕.[法政大学出版局,(1989)]池尾恭一


(第二部・第三章)イギリス経験論,(第二部・第五章)カント,(第二部・第六章)ドイツ観念論.[朝日出版社,(1993)] 池尾恭一


カントの祟高な道徳は人間に何を要請しているのだろうか-人間の実践を〈問う〉カントの道徳哲学.[福村出版,(2000)] 池尾恭一


カント全集11.[岩波書店,(2002)]池尾恭一


カント全集18.[岩波書店,(2002)]池尾恭一


全件表示
主要論文

道徳的判定の規準としての定言命法-とくに、カントの〈意志の矛盾〉について-.[東北大学教養部紀要,45,(1986)]池尾恭一


カントの〈自由のカテゴリー〉と実践的認識.[思索,16,(1983)] 池尾恭一


カントにおける定言命法の基盤.[思索,18,(1985)] 池尾恭一


和辻哲郎の家族論.[東北大学教養部紀要,47,(1987)] 池尾恭一


道徳の最高原理としての定言命法.[カント読本,(1989)]池尾恭一


全件表示
学外の社会活動
    全件表示
    オープンキャンパス・研究所公開等
      全件表示
      メールアドレス
      メールアドレス
      データ更新日
      2019.07.19
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University