研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
上田 恭介
UEDA Kyosuke
所属
大学院工学研究科・工学部
材料システム工学専攻
生体材料システム学講座
医用材料工学分野
職名
准教授
生年月
1980.10
学位
博士(工学)
研究分野
  • 医用生体工学・生体材料学
  • 材料加工・処理
全件表示
研究課題
  • 溶解性制御型非晶質リン酸カルシウム薄膜を用いた生体に働きかけるインプラントの創製 (2014-)
  • 析出物を利用したチタンの結晶粒微細化 (2011-)
  • 多機能型プラチナ基材料の開発と応用 (2008-)
全件表示
研究キーワード
生体材料, チタン合金, リン酸カルシウム, 表面処理, 貴金属
所属学会
  • 日本金属学会
  • 日本バイオマテリアル学会
  • 軽金属学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    CRC Handbook of Biological and Biomedical Coatings.[CRC Press,(2011)]T. Goto, T. Narushima and K. Ueda


    バイオマテリアル研究の最前線.[日本金属学会,(2014)]上田恭介


    Advances in Metallic Biomaterials, Springer Series in Biomaterials Science and Engineering 3.[Springer,(2015)]Takayuki Narushima, Kyosuke Ueda, Alfirano


    Interface Oral Health Science 2014, Innovative Research on Biosis-Abiosis Intelligent InterfaceInterface Oral Health Science 2014, Innovative Research on Biosis-Abiosis Intelligent Interface.[(2015)]T. Narushima, S. Sado, N. Kondo, K. Ueda, M. Kawano, K. Ogasawara


    歯科再生・修復医療と材料.[シーエムシー出版,(2015)]成島尚之, 上田恭介, 上田隆統志, 佐渡翔太
    ISBN978-4-7813-1084-8


    全件表示
    主要論文

    Evaluation of calcium phosphate coating films on titanium fabricated using RF magnetron sputtering.[Mater. Trans.,48(3),(2007),307-312]K. Ueda, T. Narushima, T. Goto, T. Katsube, H. Nakagawa, H. Kawamura, M. Taira
    10.2320/matertrans.48.307
    http://www.scopus.com/inward/record.url?eid=2-s2.0-34247396486&partnerID=40


    Fabrication of calcium phosphate films for coating on titanium substrates heated up to 773 K by RF magnetron sputtering and their evaluations.[Biomed. Mater. (Bristol),2(3),(2007),S14-]K. Ueda, T. Narushima, T. Goto, M. Taira, T. Katsube
    10.1088/1748-6041/2/3/S14
    http://www.scopus.com/inward/record.url?eid=2-s2.0-34548389801&partnerID=40


    Synthesis and characterization of Ag-containing calcium phosphates with various Ca/P ratios.[Mater. Sci. Eng. C,53,(2015),111-119]Ozkan Gokcekaya, Kyosuke Ueda, Takayuki Narushima, Celaletdin Ergun
    10.1016/j.msec.2015.04.025


    Mass loss and ion elution of biomedical Co-Cr-Mo alloys during pin-on-disk wear tests.[Mater. Trans.,54(8),(2013),1281-1287]K. Ueda, K. Nakaie, S. Namba, T. Yoneda, K. Ishimizu, T. Narushima
    10.2320/matertrans.ME201316


    β-grain refinement of α+β-type Ti-4.5Al-6Nb-2Fe-2Mo alloy by using rare-earth-oxide precipitates.[Mater. Trans.,54(2),(2013),161-168]K. Ueda, S. Nakaoka and T. Narushima
    10.2320/matertrans.MC201207


    全件表示
    主要総説・解説記事

    リン酸カルシウムコーティングによる骨組織伝導.[日本骨形態計測学会雑誌,24(1), (2014), 33-39]上田恭介, 成島尚之


    セラミックスコーティングによる金属系バイオマテリアル表面の高機能化.[株式会社シーエムシー出版 機能材料,33(9), (2013), 33-39]成島尚之, 上田恭介, 佐渡翔太


    Precipitates in biomedical Co-Cr alloys.[JOM: The Member Journal of The Minerals, Metals & Materials Society,65(4), (2013), 489-504]T. Narushima, S. Mineta, Y. Kurihara K. Ueda
    10.1007/s11837-013-0567-6


    チタンの熱酸化を利用した生体用表面処理.[材料と環境,63(5), (2014), 295-300]成島尚之, 上田恭介, 佐渡翔太


    全件表示
    学術関係受賞
    • 第34回軽金属奨励賞(2016)
    • 第55回原田研究奨励賞(2015)
    • 第25回トーキン科学技術振興財団(2015)
    • (社)日本金属学会 第21回奨励賞(2011)
    • Best Poster Presentation(2012)
    全件表示
    報道
      全件表示
      学外の社会活動
        全件表示
        オープンキャンパス・研究所公開等
          全件表示
          ホームページ
          http://www.material.tohoku.ac.jp/~medmate/index.html
          メールアドレス
          メールアドレス
          データ更新日
          2017.08.25
          Englishこのページのトップへ
          copyright(c)2005 Tohoku University