研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
竹田 陽一
TAKEDA Yoichi
所属
大学院工学研究科・工学部
先端材料強度科学研究センター
電力エネルギー未来技術共同研究部門
職名
准教授
学位
博士(工学)
研究分野
  • 機械材料・材料力学
  • 金属物性
  • 薄膜・表面界面物性
全件表示
研究課題
  • 酸化皮膜特性に基づく応力腐食割れ機構研究 (2001)
  • 超々臨界圧タービンシステムにおける環境劣化損傷機構研究 (2004)
  • 高温ガス冷却炉における材料劣化機構 (2006)
全件表示
研究キーワード
応力腐食割れ, 固液界面反応, エネルギー変換プラント
所属学会
  • 日本機械学会
  • 腐食防食協会
  • 日本原子力学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本機械学会動力エネルギーシステム部門・部門代議員 運営委員会委員(2013-2015)
  • 腐食防食学会 東北支部・幹事(2012-)
全件表示
主要論文

NON-LINEAR DYNAMICS OF THE MORPHOLOGY AT THE OXIDE / METAL INTERFACE OF AUSTENITIC STEELS IN SIMULATED LIGHT WATER REACTOR ENVIRONMENTS AND ITS IMPLICATIONS FOR SCC INITIATION.[Proceedings of the 15 th International Conference on Environmental Degradation of Materials in Nuclear Power Systems –Water Reactors,,(2011),45727-]Yoichi Takeda, Takayuki Sato, Daisuke Yamauchi, Tetsuo Shoji, Akio Ohji


原子力発電プラントの熱効率解析と運用性評価.[火力原子力発電,61(11),(2010),1203-1208]竹田陽一、中島千秋、坂本桃子、大地昭生


Application of Raman Spectroscopy Analysis for the Oxides Formed on Hastelloy-XR in High Temperature Helium Environment at 950ºC.[The 1st International Conference CORROSION and Material Protection&10th Conference AKI 2007,(2007)]Y. Takeda


In situ and ex situ characterisation of oxide film Formed on strained stainless steel surface in high-temperature water.[Applied Surface Science,252(24),(2006),8580-8588]Yoichi Takeda, Tetsuo Shoji, Martin Bojinov, Petri Kinnunen, Timo Saario


Effect of Grain Boundary Microchemistry on IGSCC of Alloy 132 in a Simulated BWR Environment.[Key Engineering Materials,297-300,(2005),986-992]Yoichi Takeda, Hiroyuki Yamauchi, Qunjia Peng, Tetsuo Shoji


全件表示
学術関係受賞
    全件表示
    学外の社会活動
      全件表示
      外部機関における活動
        全件表示
        ホームページ
        http://www.nakanotakeda.rift.mech.tohoku.ac.jp/
        データ更新日
        2020.06.05
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University