研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
原 信義
HARA Nobuyoshi
所属
大学院工学研究科・工学部
知能デバイス材料学専攻
ナノ材料物性学講座
材料界面物性学分野
職名
教授
生年月
1951.11
学位
工学博士
工学修士
研究分野
  • 材料加工・処理
全件表示
研究課題
  • 化学および電気化学センサーの開発 (1988-)
  • 機能性薄膜の合成 (1993-)
  • 金属およびセラミックス材料の環境劣化機構の解析 (1977-)
全件表示
研究キーワード
機能性薄膜,固体デバイス型化学センサー,腐食防食,不働態皮膜,イオンビームスパッタ析出法,化学気相析出法,
所属学会
  • 日本金属学会
  • 腐食防食協会
  • アメリカ電気化学会(The Electrochemical Society)
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    全件表示
    主要論文

    In Situ Analysis of Passive Films on Fe-Cr-Ni Alloy by Potential-Modulated UV-Visible Reflection Spectroscopy.[J. Electrochem. Soc.,138(6),(1991),1594-1599]Nobuyoshi Hara and Katsuhisa Sugimoto


    Corrosion Resistance of Artificial Passivation Films of Fe2O3-Cr2O3-NiO Formed by Metalorganic Chemical Vapor Deposition.[Journal of the Electrocemical Society,140(6),(1993),1586-1592]Katsuhisa Sugimoto, Masatoshi Seto, Shigeaki Tanaka and Nobuyoshi Hara


    Hydrogen Gas Sensor Using Pt- and Pd-Added Anodic TiO2 Nanotube Films.[Journal of the Electrochemical Society,157(6),(2010),J221-J226]Sungwook Joo, Izumi Muto, and Nobuyoshi Hara


    A Microelectrochemical System for In Situ High-resolution Optical Microscopy: Morphological Characteristics of Pitting at MnS Inclusion in Stainless Steel.[Journal of the Electrochemical Society,159(8),(2012),C341-C350]Aya Chiba, Izumi Muto, Yu Sugawara, and Nobuyoshi Hara


    Formation and breakdown of surface films on magnesium and its alloys in aqueous solutions.[Corrosion Science,49,(2007),166-175]Nobuyoshi Hara, Yasuhiro Kobayashi, Daisuke Kagaya, and Noboru Akao


    全件表示
    主要総説・解説記事

    全件表示
    学術関係受賞
    • 日本金属学会功労賞(2010)
    • 第54回日本金属学会功績賞(1996)
    • 日本鉄鋼協会 学術貢献賞(里見賞)(2013)
    • 腐食防食協会 岡本剛記念講演賞(2009)
    • 平成28年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)(2016)
    全件表示
    外部機関における活動
      全件表示
      メールアドレス
      メールアドレス
      データ更新日
      2017.06.02
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University