研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
石川 明正
ISHIKAWA Akimasa
所属
大学院理学研究科・理学部
物理学専攻
素粒子・核物理学講座
素粒子実験分野
職名
助教
東北大学ILC推進会議講演等専門委員会委員長
学位
博士(理学)
研究分野
    全件表示
    研究課題
    • B中間子の電弱ペンギン崩壊を用いた新物理の探索 (1997-)
    • 国際リニアコライダーに於けるHiggsの精密測定と新物理探索 (2007-)
    • 国際リニアコライダーにおけるトップクォークの性質の精密測定 (2012-)
    全件表示
    研究キーワード
    物理学, 素粒子, 高エネルギー物理学実験, Bファクトリー, Belle, ILC, LHC, ATLAS, 超対称性, SUSY, Higgs, トップクォーク, 余剰次元, 重力, 新ゲージ粒子, 第五の力, 大統一, B中間子, CP対称性の破れ, 電弱ペンギン崩壊, CKM角phi3, ガス検出器, 半導体検出器
    所属学会
      全件表示
      主要論文

      Measurement of Forward-Backward Asymmetry and Wilson Coefficients in B to K* l+ l-.[Phys. Rev. Lett.,96,(2006),251801-]A. Ishikawa et al. (The Belle Collaboration)
      10.1103/PhysRevLett.96.251801


      Observation of B to K* l+ l-.[Phys. Rev. Lett.,91,(2003),261601-]A. Ishikawa et al. (The Belle Collaboration)
      10.1103/PhysRevLett.91.261601


      Observation of the Decay B to K l+ l-.[Phys. Rev. Lett.,88,(2002),021801-]K. Abe, A. Ishikawa et al. (The Belle Collaboration)
      10.1103/PhysRevLett.88.021801


      B, D and K Decays.[Eur. Phys. J,C57,(2008),309-]G. Buchalla, A. Ishikawa et al. (Flavor in the Era of the LHC)
      10.1140/epjc/s10052-008-0716-1


      Search for High Mass Dilepton Resonances in pp Collisions at √s=7 TeV with the ATLAS Experiment.[Phys. Lett. B,700,(2011),163-180]G. Aad, A. Ishikawa et al. (The ATLAS Collaboration)


      全件表示
      主要総説・解説記事

      全件表示
      報道
      • 世界初の「崩壊反応」を検出(出演・執筆 新聞 中日新聞)(2002)
      全件表示
      学外の社会活動
        全件表示
        外部機関における活動
          全件表示
          オープンキャンパス・研究所公開等
            全件表示
            データ更新日
            2018.09.29
            Englishこのページのトップへ
            copyright(c)2005 Tohoku University