研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
大村 達夫
OMURA Tatsuo
所属
未来科学技術共同研究センター
産業連携促進研究プロジェクト
職名
教授
学位
博士(工学)
研究分野
  • 土木環境システム(水質工学)
  • 土木環境システム(水循環・物質循環)
  • 土木環境システム(都市環境)
全件表示
研究課題
  • 機能性タンパク質を用いた水中病原ウイルス除去技術開発 (1996-)
  • 底生動物を指標とする河川水環境評価 (1996-)
  • 病原微生物による水系感染症のリスク評価 (1996-)
全件表示
研究キーワード
病原微生物,水環境,リスク検出・評価・削減技術,流域管理
所属学会
  • 土木学会
  • 日本水環境学会
  • 国際水学会(IWA)
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    全件表示
    主要論文

    Detection of Sapovirus in water.[Emerging Infectious Diseases,13(1),(2007),133-135]Grant S. Hansman,Daisuke Sano,You Ueki,Takahiro Imai,Tomoichiro Oka,Kazuhiko Katayama,Naokazu Takeda,Tatsuo Omura


    Genetic variation in the conservative gene region of Norovirus genogroup II strains in environmental and stool samples.[Environmental Science and Technology,40(23),(2006),7423-7427]Daisuke Sano, You Ueki, Toru Watanabe, Tatsuo Omura


    Superoxide-meditated dissolution of amorphous ferric oxyhydroxide in seawater.[Environmental Science and Technology,40(3),(2006),880-887]Fujii M., Rose A.L., Waite T.D. and Omura T.


    Virus-binding proteins recovered from bacterial culture derived from activated sludge by affinity chromatography assay using a viral capsid peptide.[Applied and Environmental Microbiology,70(6),(2004),3434-3442]Daisuke Sano, Takahiro Matsuo and Tatsuo Omura


    Detection of enteric viruses in municipal sewage sludge by a combination of the enzymatic virus elution method and RT-PCR.[Water Research,37(14),(2003),3490-3498]Daisuke Sano, Kensuke Fukushi, Yasuko Yoshida and Tatsuo Omura


    全件表示
    主要総説・解説記事

    全件表示
    学術関係受賞
    • 日本水環境学会学術賞(2006)
    • 第40回環境工学研究フォーラム論文賞(2004)
    • 第41回環境工学研究フォーラム論文賞(2005)
    • 月刊「水」賞(2006)
    全件表示
    報道
    • 新たな研鑽が支えるこれからの「水道産業」ー大村達夫氏に聞く(出演・執筆 新聞 水道産業新聞)(2001)
    • SRSV膜分離活性汚泥で除去 河川流出前に遮断を(その他 新聞 水産新聞)(2002)
    • 水道水源における監視技術(出演・執筆 新聞 水道産業新聞)(2002)
    全件表示
    データ更新日
    2013.07.03
    Englishこのページのトップへ
    copyright(c)2005 Tohoku University