研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
日笠 健一
HIKASA Ken-ichi
所属
大学院理学研究科・理学部
物理学専攻
職名
教授
学位
理学博士
理学修士
研究分野
  • 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理
全件表示
研究課題
  • 素粒子理論の研究 (1978-)
全件表示
研究キーワード
素粒子理論
所属学会
  • 日本物理学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    Encyclopedia of Physics, Third Edition.[WILEY-VCH,(2005)]R. W. Hayward, K. Hikasa


    量子力学.[朝倉書店,(2008)]日笠健一


    Encyclopedia of Applied High Energy and Particle Physics.[Wiley-VCH,(2009)]Reinhard Stock (editor)


    素粒子物理学ハンドブック.[朝倉書店,(2010)]山田作衛,相原博昭,岡田安弘,坂井典佑,西川公一郎(編)
    ISBN978-4-254-13100-0


    ディラック方程式: 相対論的量子力学と量子場理論 (SGCライブラリ105).[サイエンス社,(2014)]日笠健一


    全件表示
    主要論文

    Counting neutrino species in high-energy proton-antiproton collisions.[Physical Review D,29(9),(1984),1939-1944]K. Hikasa
    http://hdl.handle.net/10097/35510


    Probing the weak boson sector in e+e-→W+W-.[Nuclear Physics B,282(2),(1987),253-307]K. Hagiwara, R. D. Peccei, D. Zeppenfeld, and K. Hikasa


    Light scalar top quark at e+e- colliders.[Physical Review D,36(3),(1987),724-732]K. Hikasa and M. Kobayashi


    Soft-breaking correction to hard supersymmetric relations : QCD correction to squark decay.[Zeitschrift für Physik C,70(1),(1996),139-143]K. Hikasa and Y. Nakamura


    Review of Particle Physics.[Journal of Physics G: Nuclear and Particle Physics,37(7A),(2010),075021-(1422pp)]K. Nakamura, K. Hagiwara, K. Hikasa, H. Murayama, M. Tanabashi, T. Watari, et al.


    全件表示
    主要総説・解説記事

    ヒッグス後の素粒子物理:質量の起源をめぐって.[パリティ,32(1), (2017)]日笠健一


    新種の素粒子ヒッグス:素粒子の世界におけるその役割.[丸善 パリティ,27(12), (2012), 6-10]日笠健一


    弱い力 -縁の下の….[サイエンス社 数理科学,48(8), (2010), 21-26]日笠健一


    素粒子物理と場の量子論: 標準模型からその先へ.[サイエンス社 数理科学,54(3), (2016), 34-40]日笠健一


    Particle Data Book.[高エネルギー物理学研究者会議 高エネルギーニュース,24(2), (2005), 98-102]日笠健一,中村健蔵


    全件表示
    学術関係受賞
      全件表示
      学外の社会活動
        全件表示
        外部機関における活動
          全件表示
          データ更新日
          2019.09.26
          Englishこのページのトップへ
          copyright(c)2005 Tohoku University