研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
佐野 勝宏
SANO Katsuhiro
所属
東北アジア研究センター
基礎研究部門
モンゴル・中央アジア研究分野
職名
教授
生年月
1977.03
学位
博士
研究分野
    全件表示
    研究課題
    • 東アジアにおける狩猟法の発展に関する実験考古学的研究 (2010-2012)
    • 考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究 (2010-2015)
    • 東アジアにおける先史時代の遠隔射撃狩猟の出現に関する実験考古学的研究 (2012-2015)
    全件表示
    研究キーワード
    旧石器時代, 人類の進化と拡散, 実験考古学, 狩猟技術
    所属学会
    • 日本考古学協会
    • 日本旧石器学会
    • European Society for the study of Human Evolution
    全件表示
    主要著書

    磨斧作針 橋本博文先生退職記念論集.[六一書房,(2019)]佐野 勝宏
    ISBN9784864451123


    日本考古学・最前線.[雄山閣,(2018)]佐野 勝宏
    ISBN978-4639026099


    The Early Acheulean – Konso, Ethiopia(アシュール石器文化の草創ーエチオピア、コンソ ).[The University of Tokyo Press,(2017)]Suwa, G., Beyene, Y., Sano, K., and Asfaw, B.
    ISBN978-4-13-020280-0


    見る目が変わる博物館の楽しみ方―地球・生物・人類を知る.[ベレ出版,(2016)]佐野 勝宏
    ISBN4860644905


    Multidisciplinary Approaches to the Study of Stone Age Weaponry.[Springer,(2016)]Iovita, R. and Sano, K.
    ISBN978-94-017-7602-8


    全件表示
    主要論文

    The earliest evidence for mechanically delivered projectile weapons in Europe.[Nature Ecology & Evolution,3(10),(2019),1409-1414]Sano, K., Arrighi, S., Stani, C., Aureli, D., Boschin, F., Fiore, I., Spagnolo, V., Ricci, S., Crezzini, J., Boscato, P., Gala, M., Tagliacozzo, A., Birarda, G., Vaccari, L., Ronchitelli, A., Moroni, A., Benazzi, S. [https://rdcu.be/bRXRm]
    10.1038/s41559-019-0990-3


    Lithic technology, chronology, and marine shells from Wadi Aghar, southern Jordan, and Initial Upper Paleolithic behaviors in the southern inland Levant.[Journal of Human Evolution,135,(2019),10246-]Kadowaki, S., Tamura, T., Sano, K., Kurozumi, T., Maher, L.A., Wakano, J.Y., Omori, T., Kida, R., Hirose, M., Massadeh, S., Henry, D.O.
    10.1016/j.jhevol.2019.102646


    Were tanged points mechanically delivered armatures? Functionaland morphometric analyses of tanged points from an Upper Paleolithic site at Jingeuneul, Korea.[Archaeological and Anthropological Sciences,11(6),(2019),2453-2465]Lee, G-K, and Sano, K.
    10.1007/s12520-018-0703-x


    Special issue: The Initial Upper Paleolithic in Asia: Assemblages variability, timing and significance.[Archaeological Research in Asia,17,(2019),1-]Masami Izuho, Nicolas Zwyns, Katsuhiro Sano
    10.1016/j.ara.2018.10.003
    http://www.scopus.com/inward/record.url?eid=85054817090&partnerID=40


    Early Upper Paleolithic blade technology in the Japanese Archipelago.[Archaeological Research in Asia,17,(2019),79-97]Morisaki, K., Sano, K., and Izuho, M.
    10.1016/j.ara.2018.03.001


    全件表示
    主要総説・解説記事

    徳之島アマングスク遺跡の発掘調査成果.[日本旧石器学会第17回研究発表シンポジウム予稿集 旧石器研究の理論と方法論の新展開, (2019), 13-16]渡邊 零・桐原弘亘・中尾綾郁・榎本美里・新里亮人・海部陽介・佐野勝宏


    石器テクノロジーの発達とデザインの変遷.[Ouroboros,22(2), (2017), 9-10]佐野 勝宏・諏訪 元


    狩猟具の発達とその進化・行動論的意義.[日本旧石器学会第15回研究発表シンポジウム予稿集 使用痕分析を統合した行動研究の展開, (2017), 65-67]佐野 勝宏


    石器使用痕の三次元分析.[D考古学の挑戦―考古遺物・遺構の三次元計測における研究の現状と課題, (2016), 53-57]佐野 勝宏


    先史時代の狩猟具研究.[Ouroboros,20(2), (2015), 11-12]佐野 勝宏


    全件表示
    学術関係受賞
      全件表示
      ホームページ
      http://www.cneas.tohoku.ac.jp/staff/sano/sano.html
      データ更新日
      2019.12.23
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University