研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
中嶋 悠一朗
NAKAJIMA Yuichiro
所属
学際科学フロンティア研究所
新領域創成研究部
生命・環境研究領域
職名
助教
東北大学大学院生命科学研究科・細胞動態制御分野 助教
学位
(薬学)
研究課題
    全件表示
    研究キーワード
    研究分野: 発生生物学, 上皮細胞生物学, 発生遺伝学, 分子生物学, キーワード: 組織恒常性, 細胞可塑性, 細胞分裂, アポトーシス, ショウジョウバエ
    所属学会
      全件表示
      主要論文

      Caspase-dependent non-apoptotic processes in development.[Cell Death & Differentiation,(2017)]Yu-ichiro Nakajima and Erina Kuranaga


      Apoptosis in Cellular Society: Communication between Apoptotic Cells and Their Neighbors..[International Journal of Molecular Sciences,17(12),(2016),2144-]Kawamoto Y., Nakajima Y., Kuranaga E.
      10.3390/ijms17122144


      Developmental Patterning: Putting the Squeeze on Mis-specified Cells.[Current Biology,26(5),(2016),204-206]Nakajima Y., Gibson MC.
      10.1016/j.cub.2016.01.010


      Epithelial junctions maintain tissue architecture by directing planar spindle orientation.[Nature,500(7462),(2013),359-362]Nakajima Y., Meyer EJ., Kroesen A., McKinney SA., Gibson MC.
      10.1038/nature12335


      Nonautonomous Apoptosis is Triggered by Local Cell Cycle Progression during Epithelial Replacement in Drosophila.[Molecular and Cellular Biology,31(12),(2011),2499-2512]Nakajima Y., Kuranaga E., Sugimura K., Miyawaki A., Miura M.
      10.1128/MCB.01046-10


      全件表示
      主要総説・解説記事

      分裂方向の異常がトリガーする上皮の腫瘍.[学研メディカル秀潤社 細胞工学,34(7), (2015), 631]中嶋悠一朗


      A Flip of the Mitotic Spindle has Disastrous Consequences for Epithelial Cells.[Leica Microsystems Science Lab, (2013)]Nakajima Y., Gibson MC.


      細胞分裂軸による上皮構造の維持と腫瘍化の抑制.[羊土社 実験医学,31(18), (2013), 2963-2966]中嶋悠一朗, Matthew Gibson


      紡錘体軸の平面の方向への制御は上皮構造の維持に必要である.[ライフサイエンス新着論文レビュー, (2013)]中嶋悠一朗
      10.7875/first.author.2013.104


      細胞分裂軸の異常はがんの前兆?:上皮の分裂軸制御による新規腫瘍抑制メカニズム.[学研メディカル秀潤社 細胞工学,32(11), (2013), 1160-1162]中嶋悠一朗


      全件表示
      データ更新日
      2018.09.22
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University