研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
井上 明久
INOUE Akihisa
所属
役員会
職名
その他
学位
工学博士
研究分野
  • 金属物性(非平衡物質)
  • 無機材料・物性 (ナノ結晶材料)
  • 構造・機能材料 (準結晶)
全件表示
研究課題
  • バルクガラス合金、過冷却液体およびナノ物質の作製と物性 (1988-)
  • ナノ結晶の材料の生成と物性に関する研究 (1992-)
  • 準結晶の生成と物性に関する研究 (1992-)
全件表示
所属学会
  • 日本金属学会
  • Materials Research Society
  • 日本MRS(Materials Research Society)
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    Bulk Metallic Glasses.[Crc Pr I Llc,(2010)]Suryanarayana C., Inoue A.
    ISBN1420085964


    バルク金属ガラスの材料科学と工学.[(株)シーエムシー出版,(2008)]井上明久,今福宗行,才田淳治,西山信行
    ISBN978-4-88231-684-8


    Nanocrystalline Alloys, Novel and Magnetic Nanomaterials..[(2004)]Cantor, B.; Inoue, A.(eds.)


    Bulk Amorphous AlloysPractical Characteristics and Applications.[Trans Tech Publications,(1999)]Inoue A.


    新機能材料 金属ガラスの基礎と産業への応用.[株式会社テクノシステム,(2009)]井上明久(監修、著)


    全件表示
    主要論文

    Cobalt-Based Bulk Glassy Alloy with Ultrahigh Strength and Soft Magnetic Properies.[Nature materials,2(10),(2003),661-663]Inoue A., Shen B., Koshiba H., Kato H., Yavari A.R.
    10.1038/nmat982


    Ultra-High Strength above 5000 MPa and Soft Magnetic Properties of Co-Fe-Ta-B Bulk Glassy Alloys.[Acta Materialia,52,(2004),1631-1637]Inoue A., Shen B.L., Koshiba H., Kato H., Yavari A.R.
    10.1016/j.actamat.2003.12.008


    Stabilization of Metallic Supercooled Liquid and Bulk Amorphous Alloys.[Acta Materialia,48,(2000),279-306]Inoue A.
    10.1016/S1359-6454(99)00300-6


    全件表示
    主要総説・解説記事

    全件表示
    学術関係受賞
    • 日本学士院賞(2002)
    • James C. McGroddy Prize for New Materials(2008)
    • 日本学士院会員(第2部第5分科)(2006)
    • Acta Meterialia Gold Medal(2010)
    • ISI 引用最高栄誉賞(2000)
    全件表示
    報道
    • 文部科学省の世界トップレベル研究拠点プログラムに採択―国際高等原子分子材料研究拠点構想―(資料提供 その他)(2007)
    • 夢の材料「金属ガラス」が未来を拓く(シリーズ東北大学100年物語)(出演・執筆 テレビ 仙台放送)(2006)
    • 金属ガラスを用いた製品2種の量産化にメド(資料提供 テレビ)(2006)
    全件表示
    外部機関における活動
    • Acta Materiallia Award Committee(2005-)
    • 物質・材料研究機構ナノヘテロ金属材料研究委員会(2002-)
    • 京都賞審査委員会(2)(2006-2007)
    全件表示
    行政機関・企業・NPO等参加
      全件表示
      ベンチャー企業設立
      • 株式会社BMG(2004)
      全件表示
      データ更新日
      2013.04.25
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University