研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
平澤 典保
HIRASAWA Noriyasu
所属
大学院薬学研究科・薬学部
医療薬学専攻
医療薬学講座
生活習慣病治療薬学分野
職名
教授
生年月
1960.03
学位
薬学博士
研究分野
  • 生物系薬学(生物系薬学)
全件表示
研究課題
  • ヒスタミンの産生機構と役割解析 (1983-)
  • マスト細胞における細胞内情報伝達機構 (1993-)
全件表示
研究キーワード
アレルギー,ヒスタミン,マスト細胞, ステロイド
所属学会
  • 日本薬学会
  • 日本生化学会
  • 日本薬理学会
全件表示
主要著書

薬系免疫学.[南江堂,(2007)]平澤典保


Recent Advances in Molecular Medicine, Allergy and Immunology.[Allied Publishers Pvt. Ltd.,(2002)]Hirasawa, N., Ghosh, A. K., Ohuchi, K.


COX-2の理論と実証-基礎と臨床-.[メディカルレビュー社,(2001)]平澤典保,大内和雄


プロスタグランジン研究の新展開.[東京化学同人,(2001)]平澤典保,大内和雄


ヒスタミン研究の最近の進歩.[医歯薬出版,(2000)]平澤典保,大内和雄


全件表示
主要論文

Inhibition by dexamethasone of histamine production in allergic inflammation in rats.[Journal of Immunology,145,(1990),3041-3046]Hirasawa, N., Funaba, Y., Hirano, Y., Kawarasaki, K., Omata, M., Watanabe, M., Mue, S., Tsurufuji, S., Ohuchi, K.


Inhibition by dexamethasone of antigen-induced c-Jun N-terminal kinase activation in rat basophilic leukemia cells..[Journal of Immunology,161,(1998),4939-4943]Hirasawa, N., Sato, Y., Fujita, Y., Mue, S., Ohuchi, K.


Defective angiogenesis in the inflammatory granulation tissue in histidine decarboxylase-deficient mice but not in mast cell-deficient mice..[Journal of Experimental Medicine,195,(2002),973-982]Ghosh, A.K., Hirasawa, N. Ohtsu, H., Watanabe, T., Ohuchi, K.


全件表示
主要総説・解説記事

肥満細胞における MAP kinase 活性化の分子機構.[日本生化学会 生化学,69, (1997), 1017-1021]平澤典保


ステロイド性抗炎症薬の c-Jun N-terminal kinase 活性化抑制作用.[日本炎症学会 炎症,20, (2000), 9-15]平澤典保


マクロファージ様細胞株におけるヒスタミン産生機構とその制御.[日本薬理学会 日本薬理学雑誌,118, (2001), 23-28]平澤典保,大内和雄


ヒスタミンによる血管新生の制御.[先端医学社 炎症と免疫,10, (2002), 621-626]平澤典保, Ghosh, A.K., 大内和雄


プロスタグランジンの血管新生制御機構.[日本油化学会 オレオサイエンス,5, (2005), 65-71]平澤典保, 大内和雄


全件表示
学術関係受賞
  • 日本薬学会東北支部奨励賞(1995)
  • 日本炎症学会奨励賞(1999)
  • オレオサイエンス賞(2006)
全件表示
メールアドレス
メールアドレス
データ更新日
2018.10.30
Englishこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University