研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
磯邉 秀司
ISOBE Shuji
所属
教育情報基盤センター
情報教育部門
大学院担当
大学院情報科学研究科
情報基礎科学専攻

職名
准教授
学位
情報科学博士
研究分野
  • 情報学基礎(計算機科学)
全件表示
研究課題
  • 情報セキュリティ論 (2002)
全件表示
研究キーワード
情報セキュリティ, 計算量
所属学会
  • 電気通信情報学会
全件表示
主要著書

コンピュテーショナル・シンキング.[共立出版,(2014)]磯辺秀司, 小泉英介, 静谷啓樹


コンピュテーショナル・シンキング.[共立出版,(2016)]磯辺秀司, 小泉英介, 静谷啓樹, 早川美徳
ISBN978-4-320-12398-4


Digital Campus 2007.[共立出版,(2007)]安西従道, 磯辺秀司, 小泉英介, 後藤英昭, 酒井正夫, 静谷啓樹, 千田栄幸, 二階堂英夫, 満保雅浩


全件表示
主要論文

Autoreducibility and Completeness for Partial Multivalued Functions.[IEICE Transactions,D100(3),(2017),422-427]Shuji ISOBE, Eisuke Koizumi


A Method for Constructing an Autonomous Decentralized P2P Storage with High Confidentiality and Reliability.[Proceedings of CANDAR 2017,(2017),231-235]Masayuki FUKUMITSU, Shingo HASEGAWA, Shuji ISOBE, Jun-Ya IWAZAKI, Eisuke KOIZUMI and Masao SAKAI


On the Impossibility of Proving Security of Strong-RSA Signatures via the RSA Assumption.[Proc. ACISP 2014,LNCS 8544,(2014),290-305]Masayuki Fukumitsu, Shingo Hasegawa, Shuji Isobe, Hiroki Shizuya
10.1007/978-3-319-08344-5_19


On the Security Notions of Signcryption.[Information Theory and its Applications 2014, International Symposium on Information Theory and its Applications,(2014),231-235]Shingo HASEGAWA and Shuji ISOBE


Autoreducibility and Completeness for Partial Multivalued Functions.[IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Special Section on Foundations of Computer Science,(2016)]Shuji ISOBE, Eisuke Koizumi


全件表示
主要総説・解説記事

平成19年度東北大学学士課程入学者の基礎的な情報対応能力について.[東北大学高等教育開発推進センター 東北大学高等教育開発推進センター紀要,(3), (2008), 307-312]静谷啓樹, 酒井正夫, 磯辺秀司, 小泉英介, 安西従道


平成20年度東北大学学士課程入学者の基礎的な情報対応能力について.[東北大学高等教育開発推進センター 東北大学高等教育開発推進センター紀要,(4), (2009), 217-223]静谷啓樹, 酒井正夫, 磯辺秀司, 小泉英介, 安西従道, 行方義忠


全件表示
学外の社会活動
  • 情報セキュリティ技術体験学習(小中高との連携)(2010)
全件表示
データ更新日
2018.09.28
Englishこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University