研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
雨澤 浩史
AMEZAWA Koji
所属
多元物質科学研究所
プロセスシステム工学研究部門
固体イオニクス・デバイス研究分野
大学院担当
大学院工学研究科・工学部
機械機能創成専攻

職名
教授
学位
博士(工学)
研究分野
  • 無機材料・物性
  • 構造・機能材料
  • エネルギー学
全件表示
研究キーワード
固体イオニクス, エネルギー変換, 高温電気化学
所属学会
  • 電気化学会
  • 固体イオニクス学会
  • 日本化学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 第80回電気化学会大会・実行委員(2013)
  • The 19th International Conference on Solid State Ionics・実行委員(2013)
全件表示
主要著書

基礎化学実験.[共立出版,(2008)]京都大学大学院人間・環境学研究科化学部会


ナノイオニクス 最新技術とその展望.[シーエムシー出版,(2008)]内本喜晴、雨澤浩史、酒井夏子


水素エネルギーのための材料とデバイス.[TIC出版,(2005)]雨澤浩史


わかりやすい非平衡熱力学.[オーム社,(1992)]伊藤 靖彦 監訳、雨澤 浩史、池庄司 民夫、石崎 武志、岡田 達弘、鎌田 正裕、福田 正己


全件表示
主要論文

Local structural arrangements around oxygen and hydrogen-related defects in proton conducting LaP3O9 investigated by first principles calculations.[INTERNATIONAL JOURNAL OF HYDROGEN ENERGY,37,(2012),7995-8003]Koji Amezawa, Hayato Takahashi, Akihide Kuwabara, Atsushi Unemoto, Tatsuya Kawada


Protonic conduction and defect structures in Sr-doped LaPO4.[Solid State Ionics,145(1-4),(2001),233-240]Koji Amezawa, Hideki Maekawa, Yoichi Tomii, Naoichi Yamamoto


Thermodynamic Properties and Single-Electrode Peltier Heats of a Li-Al Alloy in a LiCl-KCl Eutectic Melt..[J. Electrochem. Soc.,146(3),(1999),1069-1074]Koji Amezawa, Naoichi Yamamoto, Yoichi Tomii, Yasuhiko Ito


Hydrothermal synthesis and electrochemical properties of Li-Mn-spinel.[Solid State Ionics,133(1-2),(2000),51-56]Tadashi Kanasaku, Koji Amezawa, Naoichi Yamamoto


Electrical and Mechanical Properties of Sr-Doped LaPO4 Prepared with the Spark Plasma Sintering Method.[J. Electrochem. Soc.,152(6),(2005),A1060-A1067]Koji Amezawa, Yoshito Nishikawa, Yoichi Tomii, Naoichi Yamamoto


全件表示
主要総説・解説記事

In situ測定(5) X線吸収分光法 蓄電池・SOFC.[電気化学および工業物理化学,79(9), (2011), 720-727]雨澤浩史,内本喜晴


インピーダンス法(2) 電気伝導率測定の手段として.[Electrochemistry,74(5), (2006), 417-422]水畑譲、雨澤浩史


希土類リン酸塩を母体とした高温型プロトン伝導体.[マテリアルインテグレーション,18(7), (2005), 20-27]雨澤 浩史


リン酸塩を母体とした高温型プロトン伝導体の開発.[Phosphorus Letters,53, (2005), 13-19]雨澤 浩史


リン酸ランタン系セラミックスのプロトン導電性.[粉体および粉末冶金,46(3), (1999), 207-211]雨澤 浩史


全件表示
学術関係受賞
    全件表示
    外部機関における活動
    • Journal of Electroceramics誌(2013)
    全件表示
    データ更新日
    2019.08.29
    Englishこのページのトップへ
    copyright(c)2005 Tohoku University