研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
栗林 貴弘
KURIBAYASHI Takahiro
所属
大学院理学研究科・理学部
地学専攻
地球惑星物質科学講座
職名
准教授
学位
博士(理学)
理学修士
研究分野
  • 岩石・鉱物・鉱床学
全件表示
研究課題
  • 単結晶X線回折データによる高圧下における鉱物結晶中の水素位置の推定 (2008)
  • 含水珪酸塩鉱物の結晶構造におよぼす圧力の影響 (1998-)
  • ゼオライト鉱物等に見られる光学異常 (1998-)
全件表示
研究キーワード
高圧下単結晶X線回折,結晶構造,鉱物
所属学会
  • 日本鉱物科学会
  • 日本結晶学会
  • 日本高圧力学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本鉱物科学会・編集委員(2014-)
  • 日本鉱物科学会・選挙管理委員(2014-)
  • 日本高圧力学会・評議員,会計幹事(2010-2012)
全件表示
主要論文

Observation of pressure-induced phase transition of δ-AlOOH by using single-crystal synchrotron X-ray diffraction method.[Physics and Chemistry of Minerals,41,(2014),303-312]Kuribayashi, T., Sano, A. and Nagase, T
10.1007/s00269-013-0649-6


Synchrotron x-ray study of norbergite, Mg2.98Fe0.01Ti0.02Si0.99O8(OH0.31F1.69), crystal structure under high-pressure up to 8.2 GPa.[Physics and Chemistry of Minerals,(2008)]Kuribayashi T., Tanaka M., Kudoh Y.
10.1007/s00269-008-0248-0


Investigation of hydrogen sites of wadsleyite: A neutron diffraction study.[Physics of the Earth and Planetary Interiors,189,(2011),56-62]Sano, A., Kuribayashi, T., Komatsu, K., Yagi, T. and Ohtani, E
10.1016/j.pepi.2011.07.003


スラブやマントル鉱物の結晶構造中における水素原子の振る舞い.[日本結晶学会誌,53(1),(2011),19-24]栗林貴弘


Achiral Metastable Crystals of Sodium Chlorate Forming Prior to Chiral Crystals in Solution Growth.[Crystal Growth & Design,13,(2013),5188-5192]Niinomi H., Yamazaki T., Harada S., Ujihara T., Miura H., Kimura Y., Kuribayashi T., Uwaha M., Tsukamoto K.
10.1021/cg401324f


全件表示
主要総説・解説記事

単結晶X線回折実験で見る鉱物結晶中の水素と中性子回折実験での展開.[中性子地球科学ニュースレター,5, (2011), 10-]栗林貴弘


高圧下におけるヒューマイト族鉱物とphase Aの結晶構造変化.[日本結晶学会誌,49(4), (2007)]栗林貴弘


全件表示
学術関係受賞
  • 日本鉱物学会奨励賞(2005)
全件表示
学外の社会活動
    全件表示
    オープンキャンパス・研究所公開等
      全件表示
      データ更新日
      2016.10.01
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University