研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
中野 俊樹
NAKANO Toshiki
所属
大学院農学研究科・農学部
資源生物科学専攻
職名
助教
東北復興農学センター・食と農免疫国際教育研究センター・生物多様性応用科学センター 兼務教員
生年月
1963.08
研究分野
  • 水産化学
全件表示
研究課題
  • 水産動植物の活性酸素の代謝に関する研究 (1989-)
全件表示
研究キーワード
水産化学、水産動植物、海洋微生物、活性酸素、抗酸化的防御、ストレス、カロテノイド、生物活性物質、魚類生理、魚類成長、魚類栄養、バイオエタノール
所属学会
  • 日本水産学会
  • 日本農芸化学会
  • 米国油化学会(AOCS, American Oil Chemist' Society)
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本マリンバイオテクノロジー学会・評議員(2011-)
  • 日仏海洋学会・評議員(2012-)
全件表示
主要著書

Dietary Supplements for the Health and Quality of Cultured Fish..[CABI Publishing, London,(2007)]T, Nakano


食品図鑑.[女子栄養大学出版部,(2006)]中野俊樹 他


Marine Productivity: perturbations and resilience of socio-ecosystems.[Springer Science B.V.,(2014)]T, Nakano


21世紀の栄養・食糧科学を展望する.[日本食品出版,(1999)]中野俊樹


養殖魚の健全性に及ぼす微量栄養素.[恒星社厚生閣,(2003)]中野俊樹


全件表示
主要論文

Acute physiological stress down-regulates mRNA expressions of growth-related genes in coho salmon.[PLoS ONE,8(8),(2013),e71421-1-e71421-7]T. Nakano, L.O.B. Afonso, B.R. Beckman, G.K. Iwama, and R.H. Devlin


Fish stress become visible: A new attempt to use biosensor for real-time monitoring fish stress.[Biosensors and Bioelectronics,67,(2015),503-510]H. Wu, A. Aoki, T. Arimoto, T. Nakano, H. Ohnuki, M. Murata, H. Ren, and H. Endo*
10.1016/j.bios.2014.09.015


Epigallocatechin gallate markedly enhances formation of 8-oxo-7,8-dihydro-2’-deoxyguanosine with hypochlorous acid..[Free Radic. Biol. Med.,36(9),(2004),1087-1093]T. Suzuki, T. Nakano, M. Masuda, H. Ohshima*


The effect of cortisol on heat shock protein 70 levels in two fish species.[Gen. Comp. Endocrinol.,124,(2001),97-105]N. Basu, T. Nakano, E.G. Grau and G.K. Iwama*


Daily expression patterns of growth-related genes in growth hormone-transgenic coho salmon, Oncorhynchus kisutch.[La mer (Official Journal of Japanese-French Society for Oceanography),49,(2011),111-117]T. Nakano*, Y. Shoji, H. Shirakawa, Y. Suda, T. Yamaguchi, M. Sato, R.H. Devlin


全件表示
主要総説・解説記事

Biological effects of carotenoids in fish (Review).[Proc. Inter. Seminar in Effective Utilization of Marine Food Resources, (2003), 26-41]T. Nakano, T. Yamaguchi, M. Sato and G.K. Iwama


プロバイオティクスの機能と水産分野への利用 (総説).[緑書房 養殖,43(7), (2006), 72-76]中野俊樹


ストレスと魚類 (総説).[緑書房 養殖,48(3), (2011), 64-67]中野俊樹


ブーローニュシュルメール、マルセイユそしてリヨン-日仏海洋学シンポジウムでフランスへ-.[日本水産学会誌,81(3), (2015), 501-506]中野俊樹


魚類における細胞培養 (総説).[応用細胞生物学研究,8(4), (1991), 100-111]中野俊樹


全件表示
学術関係受賞
  • 日仏海洋学会 (Japannese-French Soc. Oceanography) 論文賞(2013)
  • 日本水産学会水産学進歩賞(2016)
  • (財)山下太郎顕彰育英会・第14回学術研究奨励賞(2003)
  • 5th World Fisheries Congress Best Presentation Award(2008)
  • 国際学術誌Aquaculture論文審査功績賞(2014)
全件表示
報道
  • 秋田県・山下太郎学術研究奨励賞受賞(出演・執筆 新聞 秋田魁新報)(2003)
  • 三陸名産ホヤについて(資料提供 新聞 朝日新聞)(2005)
  • 仏のカキ生産者50年前の恩返し(企画協力 新聞 朝日新聞)(2012)
全件表示
学外の社会活動
  • 農学カルチャー講座(講演会・セミナー)(2000)
  • 現役高校生に対する農学研究の現状解説(小中高との連携)(2001)
全件表示
外部機関における活動
  • 国際学術雑誌(海外)(2009-)
全件表示
オープンキャンパス・研究所公開等
    全件表示
    データ更新日
    2020.10.13
    Englishこのページのトップへ
    copyright(c)2005 Tohoku University