研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
鈴木 誠
SUZUKI Makoto
所属
大学院工学研究科・工学部
大学院担当
大学院医工学研究科

職名
教授
学位
工学博士
研究分野
  • 生物物理・化学物理
  • 生物物理学
  • ナノ材料・ナノバイオサイエンス
全件表示
研究課題
  • やわらかさと溶媒効果が生み出す高次分子機能とエネルギー変換 (2014-2017)
  • ATP加水分解およびATP駆動タンパク質ののエネルギー・水和状態相関解析 (2008-2014)
  • 一分子観察のための蛋白質水和情報抽出法の開発 (2006-2010)
全件表示
研究キーワード
筋肉タンパク、タンパク分子の水和、誘電分光、ハイパーモバイル水、ATPエネルギー、高分子ゲル
所属学会
  • 日本生物物理学会
  • 米国生物物理学会
  • 日本物理学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本生物物理学会・第48回日本生物物理学会年会実行委員長(2009-2010)
全件表示
主要著書

水と生命.[(2000)]鈴木 誠
ISBN4-320-05541-1


Polymer Sensors and Actuators.[Springer,(2000)]Makoto Suzuki, Takao Kodama
ISBN3-540-65487-9


Mechanics of Swelling.[(1992)]M. Suzuki, M. Matsuzawa, M. Saito, T. Tateishi
ISBN3-540-54607-3


Polymer Gels.[Plenum Press,(1991)]Makoto Suzuki
ISBN0-306-43805-4


"ファイバー" スーパーバイオミメティクス ~近未来の新技術創成~.[エヌティーエス,(2006)]鈴木 誠
ISBN4-86043-132-4


全件表示
主要論文

Strong Dependence of Hydration State of F-actin on the Bound Mg2+/Ca2+ Ions.[Journal of Physical Chemstry B,128(28),(2016),6917-6928]Makoto Suzuki, Asato Imao, George Mogami, Ryotaro Chishima, Takahiro Watanabe, Takaya Yamaguchi, Nobuyuki Morimoto, and Tetsuichi Wazawa
10.1021/acs.jpcb.6b02584


Spatial-Decomposition Analysis of Energetics of Ionic Hydration.[Journal of Physical Chemstry B,120(8),(2016),1813-1821]George Mogami, Makoto Suzuki and Nobuyuki Matubayasi
10.1021/acs.jpcb.5b09481


Drastic Compensation of Electronic and Solvation Effects on ATP Hydrolysis Revealed through Large-Scale QM/MM Simulations Combined with a Theory of Solutions.[Journal of Physical Chemistry B,121(10),(2017),2279-2287]Hideaki Takahashi, Satoru Umino, Yuji Miki, Ryosuke Ishizuka, Shu Maeda, Akihiro Morita, Makoto Suzuki, and Nobuyuki Matubayasi
10.1021/acs.jpcb.7b00637


Comparative Study on Properties of Hydration Water of Na-, K-Halide Ions by Raman OH/OD Stretching Spectroscopy and Dielectric Relaxation Data.[Journal of Physical Chemistry A,118,(2014),2922-2930]Yuichiro Okazaki, Tetsuo Taniuchi, George Mogami, Nobuyuki Matubayasi and Makoto Suzuki
10.1021/jp412804d


Hyper-Mobile Water is Induced around Actin Filaments.[Biophysical Journal,85,(2003),3154-3161]Syed Rashel Kabir, Keiichi Yokoyama, Kohshin Mihashi, Takao Kodama, and Makoto Suzuki


全件表示
主要総説・解説記事

高分解マイクロ波誘電分光による筋肉タンパク周りの水の回転運動特性と筋肉収縮の分子メカニズム.[生物物理,47(5), (2007), 295-301]鈴木 誠,宮崎 崇


高分解マイクロ波誘電スペクトルで観るイオン、荷電高分子鎖、タンパク質周りのハイパーモバイル水.[日本熱測定学会 Netsu Sokutei,34(5), (2007), 244-250]鈴木 誠、宮崎 崇


水溶液中のタンパク質における疎水性水和 -高分解マイクロ波誘電解析法によるー.[生物物理,38(1), (1998), 9-13]鈴木 誠


Motor Protein Mechanism Coupled with Hydrophobic Hydration Dehydration Cycle.[Springer-Verlag, Berlin Heidelberg Polymer Sensors and Actuators, (2000), 361-369]Makoto Suzuki, Takao Kodama


全件表示
報道
  • EurekAlert: ATP hydrolysis energy explained through large-scale hybrid quantum/ classical simulations(資料提供 その他 EurekAlert, ASIA Research News, Phys.org, Science Newsline)(2017)
  • 生命のATPエネルギーついに解明(資料提供 その他 東北大学HP, 工学研究科HP, 理学研究科HP)(2017)
  • サイエンスカフェ(出演・執筆 テレビ キャベツ(ケーブルテレビ)、河北新報)(2010)
全件表示
学外の社会活動
  • 出前授業(講演会・セミナー)(2007)
  • 出前授業と大学紹介(講演会・セミナー)(2007)
全件表示
外部機関における活動
    全件表示
    オープンキャンパス・研究所公開等
    • 研究室紹介(実施)(2007)
    • 研究室紹介(実施)(2006)
    • 研究室紹介(実施)(2005-2006)
    全件表示
    メールアドレス
    メールアドレス
    データ更新日
    2017.06.23
    Englishこのページのトップへ
    copyright(c)2005 Tohoku University