研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
春日 紀恵
KASUGA Kie
所属
病院
医科診療部門
薬剤部
職名
助教
学位
博士(薬学)
修士(農学)
農学士
研究分野
    全件表示
    研究課題
    • リピドミクス、プロテオミクスによる炎症とその消散メカニズムの解明、抗炎症性脂質メディエーターの機能解明 (2007-)
    • MHC リガンドペプチドの包括的解析法の構築 (2009-)
    • クリニカルプロテオミクスの基盤構築 (2009-)
    全件表示
    研究キーワード
    質量分析法、炎症メカニズム、リピドミクス、プロテオミクス
    所属学会
      全件表示
      主要論文

      Genomic, Proteomic, Morphological, and Phylogenetic Analyses of vB_EcoP_SU10, a Podoviridae Phage with C3 Morphology.[PLOS ONE,9(12),(2014),e116294-]Mirzaei MK, Eriksson H, Kasuga K, Haggård-Ljungquist E, Nilsson AS
      10.1371/journal.pone.0116294


      Ontogeny, distribution and potential roles of 5-hydroxymethylcytosine in human liver function.[Genome Biology,14(8),(2013),R83-]Ivanov M, Kals M, Kacevska M, Barragan I, Kasuga K, Rane A, Metspalu A, Milani L, Sundberg MI.
      10.1186/gb-2013-14-8-r83


      Comprehensive analysis of MHC ligands in clinical material by immunoaffinity-mass spectrometry..[Methods in molecular biology (Clifton, N.J.),1023,(2013),203-218]Kasuga K


      Quantitative intact proteomics investigations of alveolar macrophages in sarcoidosis..[The European respiratory journal,41,(2013),1331-1339]Silva E, Souchelnytskyi S, Kasuga K, Eklund A, Grunewald J, Wheelock AM


      全件表示
      主要総説・解説記事

      Bioanalytical insights into mediator lipidomics.[Elsevier Journal of Pharmaceutical and Biomedical Analysis,113, (2015), 151-162]Kie Kasuga, Takahiro Suga, Nariyasu Mano
      10.1016/j.jpba.2015.02.011


      海外薬学事情:理想郷スウェーデンの今.[ファルマシア(日本薬学会誌), (2013), 1186-]春日紀恵


      教育と研究と―ストックホルム奮闘記.[羊土社 実験医学 2013年4月号, (2013)]春日紀恵


      全件表示
      学外の社会活動
        全件表示
        メールアドレス
        メールアドレス
        データ更新日
        2015.08.12
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University