研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
陶山 佳久
SUYAMA Yoshihisa
所属
大学院農学研究科・農学部
資源生物科学専攻
職名
准教授
学位
博士(農学)
研究分野
  • 生態・環境
  • 林学・森林工学
  • 遺伝・ゲノム動態
全件表示
研究課題
  • 山岳氷河の掘削試料から得られた樹木花粉のDNA分析による古森林遺伝学的研究 (2012-2016)
  • 絶滅危惧植物の保全遺伝学的研究 (2009-2016)
全件表示
研究キーワード
分子生態,森林生態
所属学会
  • 日本生態学会
  • 日本森林学会
  • 日本植物学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 種生物学会・会長(2019-2021)
  • 日本生態学会・Ecological Research編集委員会・副編集委員長(2018-)
  • 個体群生態学会・Population Ecology副編集長(2015-)
全件表示
主要著書

Single-Pollen Genotyping.[Springer,(2011)]Y.Isagi and Y. Suyama (eds.)
ISBN978-4-431-53900-1


生態学者が書いたDNAの本 メンデルの法則から遺伝情報の読み方まで.[文一総合出版,(2013)]井鷺裕司,陶山佳久
ISBN978-4-8299-6522-1


地図でわかる樹木の種苗移動ガイドライン.[文一総合出版,(2015)]津村義彦,陶山佳久
ISBN978-4-8299-6524-5


森の分子生態学2.[文一総合出版,(2012)]津村義彦,陶山佳久(編)


生物時計の生態学ーリズムを刻む生物の世界.[文一総合出版,(2015)]陶山佳久
ISBN978-4-8299-6206-0


全件表示
主要論文

MIG-seq: an effective PCR-based method for genome-wide single-nucleotide polymorphism genotyping using the next-generation sequencing platform.[Scientific Reports,5,(2015),16963-]Yoshihisa Suyama*, Yu Matsuki
10.1038/srep16963


Glacial Survival of Boreal Trees in Northern Scandinavia.[Science,335(6072),(2012),1083-1086]Laura Parducci, Tina Jørgensen, Mari Mette Tollefsrud, Ellen Elverland, Torbjørn Alm, Sonia L. Fontana, K. D. Bennett, James Haile, Irina Matetovici, Yoshihisa Suyama, Mary E. Edwards, Kenneth Andersen, Morten Rasmussen, Sanne Boessenkool, Eric Coissac, Christian Brochmann, Pierre Taberlet, Michael Houmark-Nielsen, Nicolaj Krog Larsen, Ludovic Orlando, M. Thomas P. Gilbert, Kurt H. Kjær, Inger Greve Alsos, Eske Willerslev *
10.1126/science.1216043


Analysis of short DNA fragments from Holocene peatmoss samples.[The Holocene,18(6),(2008)]Y. Suyama, U. Gunnarsson and L. Parducci


Clonal structure in a dwarf bamboo (Sasa senanensis) population inferred from amplified fragment length polymorphism(AFLP)fingerprints..[Molecular Ecology,9(7),(2000),901-906]Y. Suyama, K. Obayashi, I. Hayashi


DNA sequence from a fossil pollen of Abies spp. from Pleistocene peat.[Genes & Genetic Systems,71(3),(1996),145-149]Y. Suyama, K. Kawamuro, I. Kinoshita, K. Yoshimura, Y. Tsumura, H. Takahara


全件表示
主要総説・解説記事

日本産針葉樹の遺伝的多様性.[一般社団法人 国際環境研究協会 地球環境,18(2), (2013), 127-136]陶山佳久*,津村義彦


北スカンジナビアの北方林は最終氷河期から生き残っていた.[米国科学振興協会(AAAS) サイエンス誌に載った日本人研究者, (2013), 21]陶山佳久


48年周期で一斉開花するタケ:インド・ミゾラム州におけるMelocanna bacciferaの開花周期記録.[時間生物学,15(2), (2009), 12-16]陶山佳久,齋藤智之,西脇亜也,蒔田明史,長谷川尚史,柴田昌三


母方由来組織のマイクロサテライト分析による樹木種子・果実・実生の種子親特定.[日本林学会誌,86(2), (2004), 177-183]陶山佳久


森林の更新過程解析のための分子生態学的アプローチ:母方由来・両親由来組織のDNA分析による樹木実生の親木特定法.[日本生態学会誌,54, (2004), 261-265]陶山佳久


全件表示
学術関係受賞
  • 平成30年度日本森林学会賞(2018)
  • 森林遺伝育種学会賞(2018)
全件表示
報道
  • スカンディナビア半島 氷河期に針葉樹分布(資料提供 新聞 河北新報)(2012)
  • 緑化は善か(上)「ブナ林 植樹で弱る」(資料提供 新聞 夕刊読売新聞)(2009)
  • ブナ林「子孫維持」に工夫(出演・執筆 新聞 読売新聞)(2005)
全件表示
学外の社会活動
    全件表示
    外部機関における活動
      全件表示
      行政機関・企業・NPO等参加
        全件表示
        オープンキャンパス・研究所公開等
          全件表示
          データ更新日
          2019.05.27
          Englishこのページのトップへ
          copyright(c)2005 Tohoku University