研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
北川 尚美
SHIBASAKI-KITAKAWA Naomi
所属
大学院工学研究科・工学部
化学工学専攻
プロセス要素工学講座
反応プロセス工学分野
大学院担当
大学院工学研究科・工学部
化学工学専攻
プロセス要素工学講座
反応プロセス工学分野

職名
教授
学位
博士(工学)
工学修士
研究分野
  • 反応工学・プロセスシステム(反応工学)
  • 生物機能・バイオプロセス(生物化学工学)
  • 化工物性・移動操作・単位操作(移動現象論)
全件表示
研究課題
  • 多孔性樹脂を触媒とした脂肪酸エステル製造に関する研究 (2002-)
  • ビタミンE類の高効率回収技術の開発 (2000-)
  • バイオマス由来界面活性剤の製造に関する研究 (2010-)
全件表示
研究キーワード
バイオマスエネルギー生産,生体膜脂質酸化,植物細胞培養,酵素反応速度論
所属学会
  • 日本化学工学会
  • 日本化学会
  • 日本油化学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 男女共同参画学協会連絡会・委員長(2016-)
  • 公益社団法人化学工学会男女共同参画学協会連絡会幹事学会準備委員会・委員(2015-)
全件表示
主要著書

Energy Technology Roadmaps of Japan.[Springer,(2016)]N.Shibasaki-Kitakawa


Kinetic Analysis of β-Carotene Oxidation in a Lipid Solvent with or without an Antioxidant.[(2003)]Atsushi Takahashi, Naomi Shibasaki-Kitakawa, Toshikuni Yonemoto


全件表示
主要論文

Control of molecular weight distribution in synthesis of poly(2-hydroxyethyl methacrylate) using ultrasonic irradiation.[Ultrasonics Sonochemistry,(2017)]Masaki Kubo, Takayuki Kondo, Hideki Matsui, Naomi Shibasaki-Kitakawa, ToshikuniYonemoto
10.1016/j.ultsonch.2017.08.011


A kinetic model for flavonoid production in tea cell culture.[Bioprocess and Biosystems Engineering,40(2),(2017),211-219]Naomi Shibasaki-Kitakawa, Yasuhiro Iizuka, Atsushi Takahashi, Toshikuni Yonemoto
10.1007/s00449-016-1688-4


Effectiveness of Adjustable-volume Packed-bed Reactor with an Ion-exchange Resin Catalyst for Continuous Production.[JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN,49(7),(2016),668-672]K.Yamazaki, N.Shibasaki-Kitakawa, K.Nakashima, T.Yonemoto


Kinetic Analysis of Co-oxidation of Biomembrane Lipids Induced by Water-soluble Radicals.[Journal of the American Oil Chemists’ Society,93(6),(2016),803-811]A.Takahashi, N.Shibasaki-Kitakawa, T.Noda, Y.Sukegawa, Y.Kimura, T.Yonemoto
10.1007/s11746-016-2821-x


全件表示
主要総説・解説記事

こめ油からのビタミンE類の分離技術.[公益社団法人日本油化学会 オレオサイエンス,17(6), (2017), 253-259]廣森 浩祐, 北川 尚美


選択的なイオン交換による吸着を利用したビタミンE類の高純度化.[ビタミンE研究会 ビタミンE研究の進歩,17, (2016), 63-68]廣森浩祐, 笹山知嶺, 北川尚美


脂肪酸100%の油をも原料利用可能な高品質バイオディーゼル連続製造プロセスの開発.[ケミカルエンジニヤリング,59(2), (2014), 112-118]北川尚美, 中島一紀, 米本年邦


高品質バイオ燃料と高機能生理活性物質を同時製造可能な環境配慮型反応分離技術の開発.[化学工学,76(4), (2012), 207-208]北川 尚美


イオン交換樹脂触媒を用いた新規なバイオディーゼル燃料製造技術の開発.[化学工学,74(4), (2010), 164-167]北川尚美,米本年邦


全件表示
学術関係受賞
  • Edwin N. Frankel Award for Best Paper of 2017(2017)
  • Edwin N. Frankel Award for Best Paper of 2012(2013)
  • Bioresource Technology Most Cited Articles 2007-2010,(2011)
  • Award for Best Paper for 2004 in Lipid Oxidation and Quality Division of the American Oil Chemists' Society(2005)
  • Award for Best Paper of 1999 in Lipid Oxidation and Quality Division of the American Oil Chemists' Society(2000)
全件表示
報道
  • 「バイオディーゼル燃料製造装置実証開始セレモニー」(資料提供 その他 鹿児島県西之表市役所, 広報にしのおもて「市政の窓」)(2016)
  • 「バイオ燃料生産システム/地産地消に対応/エプシロン/東北大/種子島で本格実証」(資料提供 新聞 化学工業日報)(2016)
  • 「バイオ燃料製造を実証/東北大など/種子島に新装置」(資料提供 新聞 南日本新聞)(2016)
全件表示
学外の社会活動
  • 仙台青陵中等教育学校「H28年度理科実験講座」(小中高との連携)(2016)
全件表示
行政機関・企業・NPO等参加
  • 日本学術会議(国) 連携会員(2011-)
  • 仙台市(地方公共団体) 仙台市廃棄物処理施設設置等調整委員会 委員(2014-)
  • 独立行政法人科学技術振興機構(JST)(国) SATREPS公募専攻・審査委会(環境・エネルギー分野) 審査委員(2013-)
全件表示
ホームページ
http://www.che.tohoku.ac.jp/~rpel/index.html
メールアドレス
メールアドレス
データ更新日
2017.09.18
Englishこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University