研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
木村 邦博
KIMURA Kunihiro
所属
大学院文学研究科・文学部
人間科学専攻
行動科学講座
行動科学分野
職名
教授
学位
博士(文学)
文学修士
研究分野
  • 社会学
  • 社会心理学
  • 統計科学
全件表示
研究課題
  • 数理社会学 (1985)
  • 社会的ジレンマとコンフリクト (1985)
  • 社会階層と社会的態度 (1985)
全件表示
研究キーワード
合理的選択理論, 性別役割意識,モデル構築
所属学会
  • 日本行動計量学会
  • 日本社会心理学会
  • 国際社会学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本行動計量学会・理事(2006-2009)
  • 国際社会学会「合理的選択」部会・委員(1998-2002)
  • 数理社会学会・研究活動担当理事(1997-1999)
全件表示
主要著書

大集団のジレンマ: 集合行為と集団規模の数理.[ミネルヴァ書房,(2002)]木村邦博
ISBN4623035166


日常生活のクリティカル・シンキング: 社会学的アプローチ.[河出書房新社,(2006)]木村邦博
ISBN4309243908


考える社会学.[ミネルヴァ書房,(1991)]小林淳一, 木村邦博
ISBN9784623021260


数理の発想 (アイディア) でみる社会.[ナカニシヤ出版,(1997)]小林淳一, 木村邦博
ISBN4888483604


変動期における高校生の社会的態度・スキルの形成-学校生活と社会に対する高校生の意識調査報告書-.[東北大学教育文化研究会,(2014)]木村邦博


全件表示
主要論文

Education, Employment and Gender Ideology.[Gender and Career in Japan, edited by Atsuko Suzuki (Trans Pacific Press),(2007),84-109]Kunihiro Kimura


Being Unmarried under Sex Discrimination and Inequality within the Sexes: A Simple Model.[理論と方法,15(2),(2000),375-382]Kunihiro Kimura


A Micro-Macro Linkage in the Measurement of Inequality: Another Look at the Gini Coefficient.[Quality & Quantity,28(1),(1994),83-97]Kunihiro Kimura
10.1007/BF01098727


Perception of Pollution as a Social Dilemma.[Journal of Mathematical Sociology,18(1),(1993),81-91]Kunihiro Kimura
10.1080/0022250X.1993.9990117


Large Groups and a Tendency Towards Failure: A Critique of M. Olson's Model of Collective Action..[Journal of Mathematical Sociology,14(4),(1989),263-271]Kunihiro Kimura
10.1080/0022250X.1989.9990055


全件表示
主要総説・解説記事

特集序文:性別分業とジェンダーの計量分析.[理論と方法,14(1), (1999), 1-4]石田浩,木村邦博


<レターズ> 社会調査の用語に関する断章.[理論と方法,7(2), (1992), 123-124]木村邦博


社会的分化とジニ係数.[社会学理論応用事典, (2017), 454-455]木村 邦博


知的柔軟性の国際比較.[東北大学大学院文学研究科講演・出版企画委員会(編)、文化理解のキーワード(人文社会科学講演シリーズVIII) 東北大学出版会, (2015), 69-105]木村 邦博


政治的抗議運動のパラドックス (政治の数理 6).[数理科学,36(6), (1998), 69-74]木村 邦博


全件表示
報道
    全件表示
    学外の社会活動
    • 平成26年度宮城県高等学校社会科教育研究会第29回例会(公民部会)「変動期における高校生のソーシャルスキルと格差問題」(小中高との連携)(2014)
    • 第12期 有備館講座 テーマ「文化理解(解釈)のキーワード」 第12期有備館講座実行委員会(講演会・セミナー)(2013)
    • 宮城県教育庁高校教育課:平成22年度高大連携事業に係る地域開催講座(Sanuma Summer University) 「血液型性格学の流行を行動科学で考える」(小中高との連携)(2010)
    全件表示
    外部機関における活動
      全件表示
      行政機関・企業・NPO等参加
        全件表示
        オープンキャンパス・研究所公開等
          全件表示
          データ更新日
          2018.04.14
          Englishこのページのトップへ
          copyright(c)2005 Tohoku University