研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
金子 淳
KANEKO Jun
所属
大学院農学研究科・農学部
生物産業創成科学専攻
職名
准教授
学位
農学修士
博士(農学)
研究分野
  • 応用生物化学(応用微生物学)
全件表示
研究課題
  • 黄色ブドウ球菌のPVL毒素変換ファージに関する研究 (1996-)
  • 黄色ブドウ球菌の産生する二成分性毒素の研究 (1994-)
全件表示
研究キーワード
2成分毒素,作用機構,ファージ変換,黄色ブドウ球菌
所属学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本細菌学会
  • 日本生物工学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本農芸化学会・被災地理科教育支援特別委員会委員(2013-2015)
  • 日本生物工学会北日本支部・企画担当役員(2009-)
  • 日本農芸化学会・東北支部庶務幹事(2009-2011)
全件表示
主要著書

細菌毒素ハンドブック.[サイエンスフォーラム,(2002)]神尾好是,冨田敏夫,金子淳


Staphylococcus aureus Infection and Disease.[Kluwer Academic/Plenum Pubrishers,(2001)]Y KAMIO,T TOMITA,J KANEKO


全件表示
主要論文

Complete Nucleotide Sequence and Molecular Characterization of the Temperate Staphylococcal Bacteriophage φPVL Carrying Panton-Valentive Leukocidin Genes.[GENE,215(1),(1998),57-67]J. Kaneko, T. Kimura, S. Narita, T. Tomita, and Y. Kamio.


Cell surface xylanases of the glycoside hydrolase family 10 1 are essential for xylan utilization by Paenibacillus sp. W-61 as a generator of xylo-oligosaccharide inducers for the xylanase genes.[Journal of Bacteriology,192(8),(2010),2210-2219]Mutsumi Fukuda, Seiji Watanabe, Shigeki Yoshida, Hiroya Itoh, Yoshifumi Itoh, Yoshiyuki Kamio, and *J. Kaneko


Molecular basis of transmembrane beta-barrel formation of staphylococcal pore-forming toxins.[Nat. commun.,5,(2014),4897-]Daichi Yamashita, Takaki Sugawara, Miyu Takeshita, Jun Kaneko, Yoshiyuki Kamio, Isao Tanaka, Yoshikazu Tanaka & Min Yao
10.1038/ncomms5897


Phosphatidylethanolamine plasmalogen enhances the inhibiting effect of phosphatidylethanolamine on γ-secretase activity.[Journal of Biochemistry,157(5),(2015),301-309]Tomoko Onodera, Eugene Futai, Eiichiro Kan, Naoki Abe, Takafumi Uchida, Yoshiyuki Kamio and Jun Kaneko


Complete genome sequence of Selenomonas ruminantium subsp. lactilytica will accelerate further understanding of the nature of the class Negativicutes.[FEMS Microbiology Letters,362(9),(2015)]Jun Kaneko , Sachiko Yamada-Narita , Naoki Abe , Tomoko Onodera , Eiichiro Kan , Seiji Kojima , Takao Miyazaki , Yuji Yamamoto , Akio Oguchi , Akiho Ankai , Natsuko Ichikawa , Hidekazu Nakazawa , Shigehiro Fukui , Mikio Takahashi , Syuji Yamazaki , Nobuyuki Fujita , Yoshiyuki Kamio
10.1093/femsle/fnv050


全件表示
主要総説・解説記事

市中感染型MRSAの病原性 -PVLの毒性とファージ-.[医薬ジャーナル社 化学療法の領域,30(5), (2014), 41-49]金子淳、神尾好是


Bacterial two-component and hetero-heptameric pore-forming cytolytic toxins:structures, pore-forming mechanism, and organization of the genes..[日本農芸化学会 Biosci Biotechnol Biochem.,68(5), (2004), 981-1003]Jun KANEKO,Yoshiyuki Kamio


昨日の敵は今日の友 -生物工学におけるバクテリオファージの応用-.[(財)バイオインダストリー協会 生物工学会誌,87(2), (2009), 87]金子淳


全件表示
学術関係受賞
  • 農芸化学奨励賞(2001)
  • B.B.B.論文賞(2017)
  • Excellent poster award(2008)
全件表示
学外の社会活動
  • 東北大学「飛翔型科学者の卵」養成講座(小中高との連携)(2014-)
  • 日本農芸化学会被災地理科教育支援 出前授業・出前実験(青陵中等学校)(小中高との連携)(2013)
  •  サイエンスパートナーシップ(主催)(小中高との連携)(2012-2013)
全件表示
外部機関における活動
    全件表示
    オープンキャンパス・研究所公開等
      全件表示
      メールアドレス
      メールアドレス
      データ更新日
      2019.08.27
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University