研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
泉 正範
IZUMI Masanori
所属
学際科学フロンティア研究所
新領域創成研究部
生命・環境研究領域
大学院担当
大学院農学研究科・農学部
応用生命科学専攻
植物機能科学講座
植物栄養生理学分野

職名
助教
学位
博士(農学)
研究分野
  • 植物生理・分子
  • 植物栄養学・土壌学
全件表示
研究課題
  • 葉緑体タンパク質の分解機構 (2012-)
全件表示
研究キーワード
植物生理学, 細胞生物学, 葉緑体, オートファジー, タンパク質分解
所属学会
  • 日本植物生理学会
  • 日本土壌肥料学会
  • 日本宇宙生物科学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • American Society of Plant Biologists・Plant Physiolosy誌 編集委員補佐(2018-)
全件表示
主要論文

Entire Photodamaged Chloroplasts Are Transported to the Central Vacuole by Autophagy..[Plant Cell,29(2),(2017),377-394]Izumi, Masanori Ishida, Hiroyuki Nakamura, Sakuya Hidema, Jun
10.1105/tpc.16.00637
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28123106


Establishment of monitoring methods for autophagy in rice reveals autophagic recycling of chloroplasts and root plastids during energy limitation..[Plant Physiol,167,(2015),1307-1320]Izumi, Masanori Hidema, Jun Wada, Shinya Kondo, Eri Kurusu, Takamitsu Kuchitsu, Kazuyuki Makino, Amane Ishida, Hiroyuki
10.1104/pp.114.254078
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25717038


Autophagy contributes to nighttime energy availability for growth in Arabidopsis..[Plant Physiol,161(4),(2013),1682-1693]Izumi, Masanori Hidema, Jun Makino, Amane Ishida, Hiroyuki
10.1104/pp.113.215632
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23457226


The autophagic degradation of chloroplasts via rubisco-containing bodies is specifically linked to leaf carbon status but not nitrogen status in Arabidopsis..[Plant Physiol,154(3),(2010),1196-1209]Izumi, Masanori Wada, Shinya Makino, Amane Ishida, Hiroyuki
10.1104/pp.110.158519
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20807997


RBCS1A and RBCS3B, two major members within the Arabidopsis RBCS multigene family, function to yield sufficient Rubisco content for leaf photosynthetic capacity..[J Exp Bot,63(5),(2012),2159-2170]Izumi, Masanori Tsunoda, Honami Suzuki, Yuji Makino, Amane Ishida, Hiroyuki
10.1093/jxb/err434
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22223809


全件表示
主要総説・解説記事

葉緑体のオートファジーと応用.[(株)シーエムシー出版 月刊バイオインダストリー, (2017)]泉 正範


全件表示
学術関係受賞
  • Best Poster Award of Gordon Research Conference on Chloroplast Biotechnology(2015)
全件表示
報道
  • オートファジーで葉緑体分解 東北大が仕組み解明(資料提供 新聞 産経新聞)(2017)
  • 葉緑体で自食作用 東北大 強い光照射、分解確認(資料提供 新聞 日経産業新聞)(2017)
  • オートファジーを可視化 イネ葉緑体の分解過程解明 ―東北大、理科大、工科大の研究グループが成功一(資料提供 新聞 科学新聞)(2015)
全件表示
学外の社会活動
    全件表示
    オープンキャンパス・研究所公開等
    • 東北大学付置研究所等一般公開片平まつり2015 学際科学フロンティア研究所一般公開実行委員(企画)(2015)
    全件表示
    データ更新日
    2019.02.04
    Englishこのページのトップへ
    copyright(c)2005 Tohoku University