研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
和田山 智正
WADAYAMA Toshimasa
所属
大学院環境科学研究科
先端環境創成学専攻
環境創成計画学講座
環境材料表面科学分野
大学院担当
大学院環境科学研究科
先端環境創成学専攻
環境創成計画学講座

職名
教授
研究分野
  • 薄膜・表面界面物性
  • 構造・機能材料
  • 金属物性(表面・界面)
全件表示
研究課題
  • Pt基モデル電極触媒表面系の構築と分子挙動 (2004-)
  • ホットエレクトロンケミストリーに関する研究 (1998)
  • テラヘルツ波による表面分光 (2004)
全件表示
研究キーワード
表面科学,ナノ材料,触媒,燃料電池
所属学会
  • 日本金属学会
  • 電気化学会
  • 日本分光学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    全件表示
    主要論文

    Ultrahigh Vacuum Synthesis of Strain-Controlled Model Pt(111)-Shell Layers: Surface Strain and Oxygen Reduction Reaction Activity.[The Journal of Physical Chemistry Letters,8,(2017),5360-5365]Soma Kaneko,Rikiya Myochi,Shuntaro Takahashi,Naoto Todoroki,Toshimasa Wadayama, and Tadao Tanabe
    10.1021/acs.jpclett.7b02525


    Oxygen reduction reaction activities for Ni/Pt(111) model catalysts fabricated by molecular beam epitaxy.[Electrochemistry Communications,12,(2010),1112-1115]Toshimasa Wadayama, Naoto Todoroki, Yoshinori Yamada, Tatsuya Sugawara, Kanji Miyamoto, Yuki Iijima
    10.1016/j.elecom.2010.05.042


    Hot-electron assisted reaction of p-nitrobenzoic acid adsorbed on metal-insulator-metal tunnel junction's electrode surface.[Chemical Physics Letters,428,(2006),348-351]T.Wadayama, M.Yokawa


    Dynamic photoluminescence change of porous Si upon exposure to thermoelectrons/D atoms and D2O.[Appl. Phys. Lett.,76,(2000),1851-1853]T.Wadayama,T.Arigane,K.Hayamizu,T.Shibahara,D.Hino, and A.Hatta
    http://hdl.handle.net/10097/35090


    Infrared spectral study of CO adsorption on molecular beam epitaxially grown fcc iron films on Cu(100).[Surface Sci.,466,(2000),1-10]T.Tanabe, T.Shibahara, R.Buckmaster, T.Ishibashi, T.Wadayama and A.Hatta


    全件表示
    主要総説・解説記事

    全件表示
    学術関係受賞
    • 第29回金属助成会研究奨励賞(1989)
    • 第1回日本金属学会奨励賞(1991)
    • 平成9年度トーキン科学技術振興財団研究奨励賞(1998)
    全件表示
    報道
      全件表示
      学外の社会活動
      • 日本金属学会誌編集委員(その他)(2007-)
      • 日本金属学会分科会委員(その他)(2007-)
      • 日本金属学会会報編集委員(その他)(2003-2005)
      全件表示
      行政機関・企業・NPO等参加
        全件表示
        メールアドレス
        メールアドレス
        データ更新日
        2019.06.21
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University