研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
占部 城太郎
URABE Jotaro
所属
大学院生命科学研究科
生態発生適応科学専攻
生態ダイナミクス講座
水圏生態分野
職名
教授
研究分野
    全件表示
    研究課題
    • 東日本大震災後の干潟生物群集の形成過程:その人為的影響と生態系機能の活用 (2015-2018)
    • 水界生物群集に及ぼす光―栄養バランスの生態化学量効果:北米での野外実験による検証 (2015-2018)
    • クローナル生物共存の生態機構解明と遺伝基盤:絶対単為生殖型ミジンコを用いた解析 (2016-2019)
    全件表示
    研究キーワード
    群集生態学, 生態系, 湖沼, プランクトン, 生物化学量論, 生物多様性, 物質循環
    所属学会
    • 日本生態学会
    • 米国陸水海洋学会
    • 日本陸水学会
    全件表示
    学会活動・学会役員
      全件表示
      主要著書

      全件表示
      主要論文

      Mitigation of adverse effects of rising CO2 on a planktonic herbivore by mixed algal diets..[Global Change Biology,15(2),(2009),523-531]J. Urabe, N. Waki
      10.1111/j.1365-2486.2008.01720.x


      watershed determinants of carbon dioxide in the surface water: a comparative analysis for a variety of lakes in Japanese Islands..[Limnology and Oceanography,56,(2010),49-60]J. Urabe, T. Iwata, Y. Yagami, E. Kato, T. Suzuki, S. Hino, S. Ban


      Sedimentary records of reduction in resting egg production of Daphnia galeata in Lake Biwa during the 20th century: a possible effect of winter warming.[Journal of Paleolimnology,42(2),(2009),155-165]N. K. Tsugeki, S. Ishida J. Urabe
      10.1007/s10933-008-9268-5


      Regulation of phosphorus stoichiometry and growth rate of consumers: theoretical and experimental analyses with Daphnia..[Oecologia,155,(2008),21-31]Shimizu, Y. Urabe, J.


      Scale-dependent carbon:nitrogen:phosphorus seston stoichiometry in marine and freshwaters..[Limnology and Oceanography,53,(2008),1169-1180]Sterner,R. W., T. Andersen, J. J. Elser, D. O. Hessen, J. M. Hood, E. McCauley, J. Urabe


      全件表示
      主要総説・解説記事

      古陸水学的手法による湖沼生態系の近過去復元とモニタリング.[エヌ・ティ・エス 生物の科学 遺伝,63, (2009), 66-72]槻木(加)玲美, 占部城太郎


      炭素代謝からみた湖沼生態系の機能.[共立出版 地球環境と生態系:陸域生態系の化学., (2006), 156-186]占部城太郎, 吉岡崇仁


      大規模野外実験の意味と意義.[日本生態学会 日本生態学会誌,55, (2005), 494-496-]占部城太郎, 田中健太


      プランクトン群集の栄養動態と環境変化の化学量効果.[日本プランクトン学会誌,50, (2003), 91-98]占部城太郎


      シンバイオトロンで探る環境と生物の相互作用..[クバプロ 第17回「大学と科学」公開シンポジウム 生物多様性の世界:ヒトと自然の共生というパラダイムを目指して, (2003), 74-85]占部城太郎


      全件表示
      学術関係受賞
        全件表示
        報道
          全件表示
          学外の社会活動
            全件表示
            外部機関における活動
              全件表示
              行政機関・企業・NPO等参加
                全件表示
                データ更新日
                2018.10.23
                Englishこのページのトップへ
                copyright(c)2005 Tohoku University