研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
日出間 純
HIDEMA Jun
所属
大学院生命科学研究科
分子化学生物学専攻
分子ネットワーク講座
分子遺伝生理分野
職名
准教授
一般社団法人日本宇宙生物科学会理事
生年月
1964.06
学位
博士(農学)
研究分野
  • 放射線・化学物質影響科学(放射線生物学)
  • 植物生理・分子
  • 環境農学(生物資源科学)
全件表示
研究課題
  • 植物の紫外線耐性機構に関する研究 (1996-)
  • 植物の紫外線(UV-B)によるDNA損傷と光修復に関する研究 (1997-)
  • 植物における量子ビーム誘発突然変異の分子機構解明に関する研究 (2009-)
全件表示
研究キーワード
光環境, 紫外線UVB, 植物, イネ, 植物UVB耐性機構, DNA損傷, 光回復酵素, DNA修復,
所属学会
  • 日本植物生理学会
  • 日本放射線影響学会
  • アメリカ植物生理学会(American Society of Plant Physiology)
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    全件表示
    主要論文

    Very high sensitivity of African rice to artificial ultraviolet-B radiation caused by genotype and quantity of cyclobutane pyrimidine dimer photolyase.[Scientific Reports,3158,(2020),1-14]Gideon S. Mmbando, Mika Teranishi, Jun Hidema


    Entire Photodamaged Chloroplasts Are Transported to the Central Vacuole by Autophagy.[Plant Cell,29(2),(2017),377-394]Izumi, Masanori Ishida, Hiroyuki Nakamura, Sakuya Hidema, Jun
    10.1105/tpc.16.00637
    http://gateway.isiknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?&GWVersion=2&SrcAuth=TohokuUniv&SrcApp=TohokuUniv&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000397251300015&DestApp=WOS


    Transport of rice cyclobutane pyrimidine dimer photolyase into mitochondria relies on a targeting sequence located in its C-terminal internal region..[Plant J.,79(6),(2014),951-963]Takahashi S, Teranishi M, Izumi M, Takahashi M, Takahashi F, Hidema J.


    Cyclobutane pyrimidine dimer (CPD) photolyase repairs ultraviolet-B-induced CPDs in rice chloroplast and mitochondrial DNA..[Plant J,66(3),(2011),433-442]Takahashi, Masaaki Teranishi, Mika Ishida, Hiroyuki Kawasaki, Junji Takeuchi, Atsuko Yamaya, Tomoyuki Watanabe, Masao Makino, Amane Hidema, Jun
    10.1111/j.1365-313X.2011.04500.x
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21251107


    UV-sensitive Norin I rice contains defective cyclobutane pyrimidine dimer photolyase..[Plant Cell,12(9),(2000),1569-1578]Jun hidema, Tadashi Kumagai, Betsy M Sutherland


    全件表示
    主要総説・解説記事

    イネの紫外線感受性とピリミジン二量体光回復酵素.[放射線生物研究,36, (2001), 264-278]日出間純、熊谷忠


    植物の紫外線防御機構.[太陽紫外線防御研究,12, (2002), 29-38]日出間純、熊谷忠


    イネの紫外線抵抗性は何が決めているか-DNA損傷光回復酵素の役割.[学術出版センター 化学と生物 日本農芸化学会会誌,43, (2005), 72-74]岩松優、日出間純、熊谷忠


    植物のDNA損傷とその修復機構をめぐる共同研究.[学術出版センター 化学と生物 日本農芸化学会会誌,37, (1999), 381-384]日出間純


    全件表示
    学術関係受賞
    • 平成25年度科学技術分野・文部科学大臣賞(理解増進部門)(2013)
    • 日本放射線影響学会奨励賞(2004)
    • 日本放射線影響学会第50回大会発表賞(2007)
    全件表示
    報道
    • 紫外線量の増加イネへの影響探る(出演・執筆 新聞 福島民報)(2009)
    全件表示
    学外の社会活動
    • 未来の科学者養成講座(小中高との連携)(2009-)
    • 平成15年度東北大学開放講座(公開講座)(2004)
    • 七北田小学校サイエンスプロジェクト(小中高との連携)(2009)
    全件表示
    外部機関における活動
    • 独立行政法人 国立環境研究所 有害紫外線モニタリングネットワーク(2006-)
    • 日本原子力開発機構放射線フロンティア研究委員(2004-)
    • 日本原子力開発機構・博士研究員業績評価委員会(2002-)
    全件表示
    オープンキャンパス・研究所公開等
      全件表示
      メールアドレス
      メールアドレス
      データ更新日
      2020.07.12
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University