研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
祖山 均
SOYAMA Hitoshi
所属
大学院工学研究科・工学部
ファインメカニクス専攻
材料メカニクス講座
知的計測評価学分野
職名
教授
生年月
1963.11
学位
工学博士
研究分野
  • 機械材料・材料力学(水素脆化抑止)
  • 生産工学・加工学(表面改質)
  • 流体工学(キャビテーション)
全件表示
研究課題
  • キャビテーション噴流による表面改質 (1991-)
  • 表面力学設計 (2012-)
  • キャビテーション壊食 (1991-)
全件表示
研究キーワード
表面改質, 表面力学, キャビテーション
所属学会
  • 日本機械学会
  • American Society of Mechanical Engineers
  • ASTM International
全件表示
学会活動・学会役員
  • SAE International, Surface Enhancement Committee SEC・Member(2014-)
  • ASTM Intenational, G02.10 Sub-committee, Task group of ASTM G134 ILS・Chairman(2010-)
  • ショットピーニング技術協会・理事(2007-)
全件表示
主要著書

新版キャビテ-ション -基礎と最近の進歩-.[森北出版,(2016)]加藤洋治,藤川重雄,松本洋一郎,高比良裕之,右近良孝,神山新一,上條謙二郎,山口一,中武一明,井小萩利明,大島明,岡田庸敬,服部修次,祖山均 ほか7名
ISBN978-4-627-60239-7


金属疲労とショットピーニング.[(2004)]廣瀬正吉, 青木勇, 稲川哲雄, 梅村貢, 飯田喜介, 佐野雄二, 祖山均,ほか14名


水素利用技術集成 Vol. 4.[株式会社エヌ・ティー・エス,(2014)]岡野一清,井関孝弥,阿部竜,児玉竜也,郷右近展之,中村優美子,伊藤直次,市川貴之,高野俊夫,池田哲史,秋葉悦男,笠井秀明,中西寛,Wilson Agerico Dino,三浦良雄,佐原亮二,水関博志,Marcel H. F. Sluiter,大野かおる,川添良幸,星野公三,高野則之,横堀壽光,大見敏仁,祖山均,高桑脩,亀川厚則,岡田益男,佐藤正志,久慈俊郎,島隆則,侯召民,池田一貴,高木成幸,大友季哉,折茂慎一,西宮伸幸,駒口健治,菅原武,庄野厚,斉藤泰和,藤田健一,山口良平,伊藤靖彦,井上博史,大平勝秀,李海文,経済産業省商務流通保安グループ高圧ガス保安室
ISBN978-4-86469--082-9


全件表示
主要論文

Surface Mechanics Design of Metallic Materials on Mechanical Surface Treatments.[Mechanical Engineering Reviews,2(1),(2015),Paper No. 14-00192-1-20]Hitoshi Soyama
10.1299/mer.14-00192


Effect of Nozzle Geometry on a Standard Cavitation Erosion Test Using a Cavitating Jet.[Wear,297(1-2),(2013),895-902]Hitoshi Soyama
10.1016/j.wear.2012.11.008


Introduction of Compressive Residual Stress into Stainless Steel by Employing a Cavitating Jet in Air.[Surface & Coatings Technology,205(10),(2011),3167-3174]Hitoshi Soyama, Tsutomu Kikuchi, Masaaki Nishikawa and Osamu Takakuwa
10.1016/j.surfcoat.2010.11.031


Enhancing the Aggressive Intensity of a Cavitating Jet by Introducing a Cavitator and a Guide Pipe.[Journal of Fluid Science and Technology,9(1),(2014),jfst0001-1-12]Hitoshi SOYAMA
10.1299/jfst.2014jfst0001


Sustainable Surface Modification Using Cavitation Impact for Enhancing Fatigue Strength Demonstrated by a Power Circulating-Type Gear Tester.[International Journal of Sustainable Engineering,3(1),(2010),25-32]H. Soyama and Y. Sekine
10.1080/19397030903395174


全件表示
主要総説・解説記事

キャビテーションピーニングの原理と応用.[日本鉄鋼協会 ふぇらむ,16(4), (2011), 221-227]祖山 均


キャビテーションを活用した表面改質装置.[日本工業出版 油空圧技術,52(3), (2013), 3-8]祖山 均


渦電流法によるSUS316Lステンレス鋼の残留応力の評価.[日本工業出版 検査技術,18(5), (2013), 6-10]祖山 均


キャビテーション・ピーニングによる金属材料の表面改質.[まてりあ,45(9), (2006), 657-663]祖山 均


Basis for Classification between Cavitation Peening and Water Jet Peening.[Metal Finishing News,16(4), (2015), 58-60]Hitoshi Soyama


全件表示
学術関係受賞
  • 日本機械学会賞(論文)(2007)
  • 日本材料学会学術貢献賞(2015)
  • ASME Fellow(2016)
  • 第56回自動車技術会賞論文賞(2006)
  • 市村学術賞功績賞(2013)
全件表示
報道
  • ジェット噴流金属疲労防ぐ(資料提供 新聞 日本経済新聞)(2007)
  • 新日鉄住金エンジ 調質圧延機のロール洗浄機 東北大と共同開発(その他 新聞 鉄鋼新聞)(2014)
  • 植物から糖 効率よく 東北大、衝撃波用い加熱不要(資料提供 新聞 日経産業新聞)(2016)
全件表示
学外の社会活動
  • ひらめき☆ときめきサイエンス(小中高との連携)(2015)
  • 出張講義(磐城高校)(小中高との連携)(2013)
  • 仙台市環境教育・学習関連講座等実践支援事業(小中高との連携)(2014)
全件表示
行政機関・企業・NPO等参加
  • 科学技術振興機構(その他) 原子力業務室 原子力研究開発領域主管(2005-2007)
  • 日本原子力機構(その他) 大強度陽子加速器施設開発センター 研究嘱託(2004-2010)
全件表示
オープンキャンパス・研究所公開等
    全件表示
    ホームページ
    http://www.mm.mech.tohoku.ac.jp/
    データ更新日
    2017.05.30
    Englishこのページのトップへ
    copyright(c)2005 Tohoku University