研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
小倉 振一郎
OGURA Shin-ichiro
所属
大学院農学研究科・農学部
応用生命科学専攻
環境生命科学講座
陸圏生態学分野
職名
教授
生年月
1968.07
学位
博士(農学)
研究分野
    全件表示
    研究課題
    • 大型草食動物の採餌メカニズムの解明 (2003-)
    • 放牧地の植物多様性が家畜生産性・健康性に及ぼす影響の解明 (2010-)
    • 放牧家畜が草地植生に及ぼす影響 (2003-)
    全件表示
    研究キーワード
    放牧, 反芻家畜, 草地利用, 採食, 消化, 植生変化, 植生-草食動物間相互作用,
    所属学会
    • 日本草地学会
    • 日本畜産学会
    • 応用動物行動学会
    全件表示
    学会活動・学会役員
      全件表示
      主要著書

      草地科学シリーズ 2 草地の生態と保全-家畜生産と生物多様性の調和に向けて-.[学会出版センター,(2010)]小倉振一郎 他


      草地科学実験・調査法.[全国農村教育協会,(2004)]小倉振一郎他


      新編畜産ハンドブック.[講談社,(2006)]小倉振一郎他


      全件表示
      主要論文

      Diet selection and foraging behavior of cattle in species-rich vegetation of native grasslands, Japan.[Journal of Integrated Field Science,8,(2011),25-33]Ogura, S


      Effects of ruminal and abomasal digestion on seed germinability of Japanese wild plants.[Grassland Science,55(4),(2009),225-229]Obara, M., Ogura, S.*, Shishido, T. and Sugawara, K.


      牧草地-野草地輪換放牧下における牛の排糞による植物の種子散布.[日本草地学会誌,52(1),(2006),6-16]小原道宏,小倉振一郎,宍戸哲郎,菅原和夫


      Estimation of herbage mass in a bahia grass (Paspalum notatum) and a centipede grass (Eremochloa ophiuroides) pasture using a capacitance probe, a sward stick and a rising plate.[Tropical Grasslands,39,(2005),22-30]Ogura S., Nagatomo Y., Hirata M.


      Foraging behavior of cattle in a bahiagrass (Paspalum notatum Flügge) pasture: investigation at a feeding station scale.[日本草地学会誌,50(2),(2004),147-153]Ogura S.,Sekino R.,Hirata M.


      全件表示
      主要総説・解説記事

      Heterogeneous impacts of grazing animals and vegetational change in Japanese native pastures.[Journal of Integrated Field Science,3, (2006), 21-26]Ogura, S., Shinsho, H., Takahashi, T., Obara, M., Sato, S. and Sugawara, K.


      Grazing use of native pastures by beef cattle in Japan: recent researches on plant-animal interactions in native pastures.[Tohoku Journal of Agricultural Research,55(1-2), (2004), 39-44]Ogura S., Sugawara K.


      放牧草地における草量の時空的変動:フィーディングステーション・スケールでのアプローチ.[日本草地学会誌,49(3), (2003), 280-285]平田昌彦,小倉振一郎


      在来野草の飼料評価における「放牧ルミノロジー」の重要性.[日本草地学会誌,47(2), (2001), 196-203]小倉振一郎


      全件表示
      学術関係受賞
      • 日本農学進歩賞(2005)
      • 日本草地学会研究奨励賞(三井賞)(2005)
      • 東北大学大学院農学研究科先端農学研究奨励賞(2013)
      全件表示
      報道
      • 桑活用へ分野横断研究 東北大院農学研究科(出演・執筆 新聞 河北新報)(2008)
      • 健康な牛 低コストで生産可 県など 桑園放牧研究を継続(出演・執筆 新聞 河北新報)(2008)
      • 桑樹勢 衰えはっきり -南三陸の放牧実験-(出演・執筆 新聞 河北新報)(2006)
      全件表示
      学外の社会活動
      • 8th International Symposium on Integrated Field Scienceの開催(講演会・セミナー)(2010)
      • 東北大学大学院農学研究科第37回農学カルチャー講座(講演会・セミナー)(2010)
      • 東北大学大学院農学研究科第33回農学カルチャー講座(講演会・セミナー)(2009)
      全件表示
      外部機関における活動
        全件表示
        オープンキャンパス・研究所公開等
          全件表示
          ホームページ
          http://www.agri.tohoku.ac.jp/rikuken/
          メールアドレス
          メールアドレス
          データ更新日
          2018.12.18
          Englishこのページのトップへ
          copyright(c)2005 Tohoku University