研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
岡田 毅
OKADA Takeshi
所属
大学院国際文化研究科
国際文化研究専攻
応用言語研究講座
職名
教授
国際文化研究科副研究科長
生年月
1956.02
学位
文学修士
文学士
研究分野
  • 教科教育学
  • 英語学
  • 外国語教育
全件表示
研究課題
    全件表示
    研究キーワード
    英語コーパス研究, CALLシステム開発研究, 英語統語論
    所属学会
    • 英語コーパス学会
    • 日本英語学会
    • e-Learning教育学会
    全件表示
    学会活動・学会役員
    • 英語コーパス学会・理事・機関誌編集委員(2005-)
    • 英語コーパス学会・編集委員長(2009-2014)
    全件表示
    主要著書

    英語の書記体系.[音羽書房鶴見書店,(2008)]岡田毅,石崎貴士
    ISBN978-4-7553-0238-1


    The Handbook of English Writing System.[Routledge,(2016)]Takeshi Okada, Vivian Cook, Des Ryan
    ISBN987-0-415-71597-3


    実践「コンピュータ英語学」--テキストデータベースの構築と分析.[音羽書房鶴見書店,(1995)]岡田 毅


    大学における「学びの転換」と言語・思考・表現.[東北大学出版会,(2009)]岡田毅
    ISBN978-4-7553-0238-1


    アメリカを見よう.[音羽書房鶴見書店,(1997)]岡田 毅


    全件表示
    主要論文

    汎用的コーパスシステムにおけるユーザーの概念.[e-Learning教育研究,6,(2011)]岡田毅


    ユーザ間の情報共有に立脚した英語教育および学習支援—協働を保証する高汎用性コーパスシステムを用いて.[e-Learning教育研究,7,(2012),11-22]藤野玄太, 岡田毅, 坂本泰伸


    EFL Reading Instruction Based on Information Sharing among Multi-purpose Corpus System Users.[Opening New Lines of Communication in Applied Linguistics: Proceedings of the 46th Annual Meeting of the British Association for Applied Linguistics,(2014),368-380]Takeshi Okada


    Dynamic lesson planning in EFL reading classes through a new e-learning system.[Critical CALL – Proceedings of the 2015 EUROCALL Conference, Padova, Italy,(2015),1-6-]Takeshi Okada and Yasunobu Sakamoto
    10.14705/rpnet.2015


    A Self-Determination Theory Approach to Technology-Enhanced Out-of-Class Language Learning Intention: A Case Study of Japanese EFL Learners.[International Journal of Research Studies in Language Learning,6(4),(2016),53-64]Somayeh Fathali, Takeshi Okada
    10.5861/ijrsll.2016.1607


    全件表示
    学術関係受賞
    • 日本e-Learning学会2016年度学術奨励賞(2015)
    全件表示
    学外の社会活動
    • 実用英語検定試験(STEP)準1級・2級 2次試験面接委員(小中高との連携)(1986-)
    全件表示
    オープンキャンパス・研究所公開等
      全件表示
      ホームページ
      http://blog.livedoor.jp/takeshielsas/
      メールアドレス
      メールアドレス
      データ更新日
      2016.10.04
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University