研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
北柴 大泰
KITASHIBA Hiroyasu
所属
大学院農学研究科・農学部
応用生命科学専攻
植物機能科学講座
植物遺伝育種学分野
職名
准教授
研究分野
  • 育種学
  • 園芸学・造園学
  • 植物生理・分子
全件表示
研究課題
  • Brassica およびRaphanus属のゲノム研究 (2006-)
  • アブラナ科耐塩性機構の遺伝学的研究 (2011-)
  • Brassica近縁種のSハプロタイプ収集と分析 (2006-)
全件表示
研究キーワード
ゲノム研究, SNP, アブラナ科, 自家不和合性,
所属学会
  • 日本育種学会
  • 園芸学会
  • 日本植物細胞分子生物学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    The Radish Genome.[Springer,(2017)]Takeshi Nishio and Hiroyasu Kitashiba
    ISBN978-3-319-59252-7


    菜の花サイエンス.[東北大学出版会,(2014)]阿部美幸、伊藤豊彰、大串由紀江、大村道明、北柴大泰、齋藤雅典、中井裕、南条正己、西尾剛


    Biotechnology of Crucifers.[Springer,(2013)]Kitashiba H and Nishio T


    植物育種学第4版.[文永堂,(2012)]西尾剛、吉村淳、貴島祐治、安井秀、奥本裕、佐藤和弘、高畑義人、北柴大泰、北野英己、奥野員敏


    Biolgy and Breeding of Crucifers.[CRC press,(2009)]Hiroyasu Kitashiba, Takeshi Nishio
    ISBN978-1-4200-8608-9


    全件表示
    主要論文

    Draft sequences of the radish (Raphanus sativus L.) genome..[DNA Research,21,(2014),481-490]Kitashiba H, et al.
    10.1093/dnares/dsu014


    Functional test of Brassica self-incompatibility modifiers in Arabidopsis thaliana..[Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.,108,(2011),18173-18178]Kitashiba H, Liu P, Nishio T, Nasrallah JB, Narallah ME


    Simple and efficient methods for S genotyping and S screening in genus Brassica by dot-blot analysis..[Molecular Breeding,28,(2011),1-12]Oikawa E, Takuno S, Izumita A, Sakamoto K, Hanzawa H, Kitashiba H, Nishio T


    Genetic analysis of interspecific incompatibility in Brassica rapa..[Theor. Appl. Genet.,121,(2010),689-696]Udagawa H, Ishimaru Y, Li F, Sato Y, Kitashiba H, Nishio T.


    Genetic analysis of hybrid seed formation ability of Brassica rapa in intergeneric crossings with Raphanus sativus..[Theor. Appl. Genet.,126,(2013),837-846]Tonosaki, K., Michiba, K., Bang, S. W., Kitashiba, H. Kaneko, Y., Nishio, T


    全件表示
    主要総説・解説記事

    全件表示
    学術関係受賞
    • 平成28年度 東北大学総長教育賞(2017)
    全件表示
    報道
      全件表示
      学外の社会活動
        全件表示
        外部機関における活動
          全件表示
          オープンキャンパス・研究所公開等
            全件表示
            データ更新日
            2018.12.29
            Englishこのページのトップへ
            copyright(c)2005 Tohoku University