研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
津田 理
TSUDA Makoto
所属
大学院工学研究科・工学部
電気エネルギーシステム専攻
電気エネルギーシステム工学講座
応用電気エネルギーシステム分野
職名
教授
学位
博士(工学)
研究分野
    全件表示
    研究課題
    • 電気・水素複合システムに関する研究 (2005-)
    • コンビナートやデータセンターにおける直流給電システムに関する研究 (2004-)
    • 酸化物超電導体を用いた電力変換用スイッチ素子の研究 (2006-)
    全件表示
    研究キーワード
    超電導,エネルギー,電力,水素,磁気浮上,
    所属学会
      全件表示
      学会活動・学会役員
        全件表示
        主要論文

        Dependence of Lateral Stiffness on Magnetic Field Distribution at Field-Cooling Process of HTS Bulk System.[IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY,(2004)]M. Tsuda, K. Tsuchiya, N. Harada, T. Hamajima


        Dependence of Contact Condition between Strands on Twist Pitch in CIC Conductor.[IEEE Transacions of Applied Superconductivity,(2005)]Makoto Tsuda, Satoshi Nakamura, Shinichiro Katsuda, Naoyuki Harada, Takataro Hamajima, Kazuya Takahata


        The Effective Current and Magnetic Field Distributions for Reducing AC Losses in Coaxial Multi-layer HTS Transmission Cable.[IEEE Transactions on Applied Superconductivity,16(2),(2006),1594-1597]M. Tsuda, T. Fujisawa, T. Hiraoka, N. Harada, T. Yagai, T. Hamajima


        Vibration Characteristics in Magnetic Levitation Type Seismic Isolation Device Composed of Multiple HTSBulks and Permanent Magnets.[IEEE Transactions of Applied Superconductivity,(2007)]M. Tsuda, T. Kojima, T. Yagai, and T. Hamajima


        Suitable Method for Increasing Current Carrying Capacity of HTS Toroidal Coils for SMES and DC Reactor.[IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY,20,(2010),1365-1368]M. Tsuda, T. Yagai, T. Hamajima


        全件表示
        主要総説・解説記事

        全件表示
        学術関係受賞
          全件表示
          報道
            全件表示
            学外の社会活動
              全件表示
              外部機関における活動
                全件表示
                行政機関・企業・NPO等参加
                  全件表示
                  オープンキャンパス・研究所公開等
                    全件表示
                    メールアドレス
                    メールアドレス
                    データ更新日
                    2017.09.08
                    Englishこのページのトップへ
                    copyright(c)2005 Tohoku University