研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
阿部 直樹
ABE Naoki
所属
大学院農学研究科・農学部
生物産業創成科学専攻
職名
助手
生年月
1961.10
学位
農学修士
研究分野
  • 応用生物化学
  • 生物生産化学・生物有機化学
全件表示
研究課題
  • もやし製造工程における糸状菌の抑制技術開発の研究 (2015-)
  • カット野菜の褐変現象抑制に関する研究 (2015-)
  • ポリ乳酸分解酵素に関する研究 (1998-)
全件表示
研究キーワード
パエニバチルス、アセタン、ポリ乳酸、ポリアミン
所属学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本生物工学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 糸状菌分子生物学研究会・会計担当(2009-)
全件表示
主要著書

農学・生命科学のための学術リテラシー.[朝倉書店,(2011)]阿部直樹、阿部敬悦、他


リサイクル・廃棄物事典.[(株)産業調査会,(2011)]阿部直樹、阿部敬悦、高橋徹、他


農芸化学に学ぶ〜くらしにいきるバイオサイエンス/バイオテクノロジー〜.[日本農芸化学会CD-ROM版,(2006)]阿部直樹、神尾好是、他66名


微生物の取り扱いと利用・応用技術.[株式会社情報機構,(2003)]神尾好是、冨田敏夫、阿部直樹、松田英美子、中村浩平


小辞典・微生物の手帖.[ブルーバックス、講談社,(1988)]阿部直樹


全件表示
主要論文

Genomic analysis of Bacillus subtilis lytic bacteriophage ?NIT1 capable of obstructing natto fermentation carrying genes for the capsule-lytic soluble enzymes poly-?-glutamate hydrolase and levanase.[Bioscience Biotechnology and Biochemistry,81(1),(2017),135-146]Tatsuro Ozaki, Naoki Abe, Keitarou Kimura, Atsuto Suzuki, Jun Kaneko


Development of an efficient soymilk cream production method by papain digestion, heat treatment, and low-speed centrifugation.[Bioscience, Biotechnology, and Biohemistry,(2015),1-3]Naoki Abe*, Chang-Yu Wu, Yoon-Kyung Kim, Tomoyuki Fujii and Keietsu Abe


Complete genome sequence of Selenomonas ruminantium subsp. lactilytica will accelerate further understanding of the nature of the class Negativicutes.[FEMS Microbiology Letters,,(362),(2015),1-6]Jun Kaneko*, Sachiko Yamada-Narita, Naoki Abe, Tomoko Onodera,Eiichiro Kan, Seiji Kojima, Takao Miyazaki, Yuji Yamamoto,Akio Oguchi, Akiho Ankai, Natsuko Ichikawa, Hidekazu Nakazawa,Shigehiro Fukui, Mikio Takahashi, Syuji Yamazaki2, Nobuyuki Fujita,and Yoshiyuki Kamio


Synthesis of N1- and N8-(gamma –L- Glutamyl) spermidines and (gamma-L-Glutamyl) putrescine.[Letters in Organic Chemistry,8,(2011),1-4]Kazuya Toho, Naoki Abe※, Teiko Yamada, Yoshifumi Ito, Hiroyuki Konno, Shigefumi Kuwahara and Hiromasa Kiyota


Cadaverine covalently linked to the peptidoglycan serves as the correct constituent for the anchoring mechanism between the outer membrane and peptidoglycan in Selenomonas ruminantium.[Journal of Bacteriology,193(9),(2011),2347-2350]S Kojima, J Kaneko, N Abe, Y Takatsuka, Y Kamio


全件表示
主要総説・解説記事

全件表示
学外の社会活動
    全件表示
    行政機関・企業・NPO等参加
      全件表示
      オープンキャンパス・研究所公開等
        全件表示
        ホームページ
        http://www.agri.tohoku.ac.jp/microbio/index-j.html
        メールアドレス
        メールアドレス
        データ更新日
        2019.03.30
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University