研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
大脇 大
OWAKI Dai
所属
大学院工学研究科・工学部
ロボティクス専攻
ロボットシステム講座
ニューロロボティクス分野
職名
助教
学位
博士(工学)
研究分野
    全件表示
    研究課題
    • 柔軟足のレオロジー的性質から創発される感覚運動協調に基づく適応的動歩行制御 (2010)
    • 網羅的視野から解き明かす四脚動物の多様な歩容の発現機序 (2013-2016)
    • 上体付き受動走行モデルを起点とした二脚歩行・走行運動における全身運動メカニズムの解明 (2010)
    全件表示
    研究キーワード
    二脚ロコモーション,受動歩行,受動走行,歩容遷移,身体性,脚式ロコモーション制御,Central Pattern Generator (CPG)
    所属学会
      全件表示
      学会活動・学会役員
      • 第11回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会(SI2010)・表彰委員長(2010)
      全件表示
      主要著書

      全件表示
      主要論文

      Spontaneous gait transition to high-speed galloping by reconciliation between body support and propulsion.[Advanced Robotics,32,(2018),794-808]Akira Fukuhara, Dai Owaki, Takeshi Kano, Ryo Kobayashi, and Akio Ishiguro


      Regulation of quasi-joint stiffness by combination of activation of ankle muscles in midstances during gait in patients with hemiparesis..[Gait & posture,62,(2018),378-383]Yusuke Sekiguchi, Takayuki Muraki, Dai Owaki, Keita Honda, Shin-Ichi Izumi
      10.1016/j.gaitpost.2018.03.042
      http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29625414


      A Minimal Model Describing Hexapedal Interlimb Coordination: the Tegotae-based Approach.[Frontiers in Neurorobotics,11(29),(2017)]Dai Owaki, Masashi Goda, Sakiko Miyazawa, Akio Ishiguro
      10.3389/fnbot.2017.00029


      A Quadruped Robot Exhibiting Spontaneous Gait Transitions from Walking to Trotting to Galloping.[Scientific Reports,7(277),(2017)]Dai Owaki, Akio Ishiguro
      10.1038/s41598-017-00348-9


      Decentralized control mechanism underlying interlimb coordination of millipedes.[Bioinspiration & Biomimetics,12,(2017),36007-]Takeshi Kano, Kazuhiko Sakai, Kotaro Yasui, Dai Owaki, Akio Ishiguro


      全件表示
      主要総説・解説記事

      動物の歩容遷移を再現する四脚ロボット.[日本ロボット学会誌,37, (2019), 14-19]大脇大


      脚を切られても歩き続ける昆虫とロボット.[昆虫と自然,54, (2019), 31-34]大脇大


      脚式ロコモーションに内在する制御メカニズムの解明を目指して.[日本神経回路学会,24(4), (2017), 162-171]大脇大


      モデルベーストリハビリテーションの基盤となるロボティクス技術ー医工学連携研究を効果的に推進するための「マナー」と「コツ」ー.[日本ロボット学会誌,35, (2017), 29-34]大脇大,関口雄介,本田啓太


      ミニマルなCPGモデルから探る四脚動物の脚間協調メカニズム.[計測自動制御学会 計測と制御,54, (2015), 272-277]大脇 大,石黒 章夫
      10.11499/sicejl.54.272


      全件表示
      学術関係受賞
      • IEEE MHS2015 Best Poster Award(2015)
      • CLAWAR Association Best Technical Paper Award (Highly Commended paper award)(2014)
      • リスーピア賞(2014)
      • トーキン財団奨励賞(2014)
      • JTCF Novel Technology Paper Award for Amusement Culture Finalist(2012)
      全件表示
      報道
      • 鳥・虫ヒント,次世代ロボ,環境変化へっちゃら/宅配や災害現場で応用(企画協力 新聞 朝日新聞)(2019)
      • 走る速さに合わせて足並みを変える四脚ロボット(資料提供 雑誌 子供の科学2017年6月号)(2017)
      • 速度に応じて走り方変化ー4脚ロボ,東北大が開発(資料提供 新聞 日刊工業新聞)(2017)
      全件表示
      オープンキャンパス・研究所公開等
      • 平成23年度東北大学オープンキャンパス(その他)(2011)
      • 2011年度片平まつり(電気通信研究所公開)(その他)(2011)
      • 平成22年度東北大学オープンキャンパス(その他)(2010)
      全件表示
      データ更新日
      2021.05.04
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University