研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
余 偉明
SHA Weiming
所属
大学院理学研究科・理学部
地球物理学専攻
職名
准教授
研究分野
  • 気象・海洋物理・陸水学(気象学)
全件表示
研究課題
  • 局地循環に関する研究、都市気候に関する研究、雲・降水現象に関する研究 (1999)
  • 大気大循環に関する研究 (1999)
全件表示
所属学会
  • 日本気象学会
  • 日本流体力学学会
  • 日本機械学会
全件表示
主要著書

全件表示
主要論文

On The structure and formation mechanism of the spiral Taylor-Gotlax vortices in spherical Couette flow.[J. Fluid Mech.,431,(2001),323-345]W. Sha and K. Nakabayashi


An Accurate Second-order Appronimation Factorigation Method for Time-clependent incompressible Narier-Stokes Fquations in spherieal Polar Coordinates.[J. Comput. Phys.,142,(1998),47-66]W. Sha, K. Nakabayashi and H. Ueda


The linear stability of thermally stratified rotaling channel flow.[Phys. Fluids,11(2),(1999),439-449]W. Sha, K. Tsuchiya and K. Nakabayashi


A numerical study on the nocturnal frontogenesis of the sea-breeze front..[J. Meteor. Soc. Japan,82(2),(2004),817-823]Sha,W., S.Ogawa, T.Iwasaki and Z.Wang


A numerical study sea / land breezes as a gravity current : Kelvin-Helmholty biUows and inland penetration of the sea-breeze front..[J. Atmos. Sci.,48,(1991),1649-1665]W. Sha, T. Kawamura and H.Ueda


全件表示
主要総説・解説記事

回転2球間クエット流におけるスパイラルTG(Taylor-Görtler)渦の構造と形成について、日本流体力学学会竜門賞記念解説.[ながれ,21, (2002), 206-212]余偉明


次世代の大気局地数値モデルの動力学的中核部分の開発.[月刊海洋,2, (2002), 107-112]余偉明


直線直角座標系における大気局地数値モデルの開発.[東北大学情報シナジーセンター大規模科学計算システム広報SENAC,37(3), (2004), 17-28]余偉明、沢田雅洋、岩崎俊樹


全件表示
学術関係受賞
    全件表示
    メールアドレス
    メールアドレス
    データ更新日
    2015.10.13
    Englishこのページのトップへ
    copyright(c)2005 Tohoku University