研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
木谷 忍
KITANI Shinobu
所属
大学院農学研究科・農学部
資源生物科学専攻
資源環境経済学講座
環境経済学分野
職名
教授
学位
工学博士
理学士
研究分野
  • 社会システム工学・安全システム(社会的意思決定論)
  • 環境影響評価・環境政策
  • 教育工学
全件表示
研究課題
  • 社会的合意形成と公共選択 (1986)
  • 農環境における社会的公正 (1998)
  • 計画策定過程のゲーミングモデル分析 (2002)
全件表示
研究キーワード
意思決定モデル, 公共選択, 社会的公正, 環境倫理, 地域づくり
所属学会
  • 日本計画行政学会
  • 日本シミュレ-ション&ゲーミング学会
  • 日本環境共生学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本環境共生学会・常務理事/東北支部長/学術・編集委員会副委員長/企画広報委員(2001-)
  • 日本シミュレ-ション&ゲーミング学会・副会長/理事/学術委員会委員長(2013-)
  • 日本計画行政学会・東北支部幹事(2001-)
全件表示
主要著書

The Shift from Teaching to Learning.[(2014)]Shinobu Kitani. Tadashi Hasebe


Social Justice in Japan: Concepts, Theories, and Pradigms.[Trans. Pacific Press,(2007)]Ken-ichi Ohbuchi Ed.


Gaming Simulations and Society.[Springer Verlag, Tokyo,(2005)]Shiratori R. et al.(Eds.)


Bridging the GAP: Transformation Knowladge into Action through Gaming and Simulation.[Ostler Druck, Passau, Germany,(2004)]Kriz W.C., Eberle T. (Eds.)


分配的正義の理論 -経済学と倫理学の対話ー.[木鐸社,(2001)]木谷忍,川本隆史


全件表示
主要論文

小学生と大学生の環境保全意識と科学技術に関する比較研究―環境と科学技術を考える講義・映画・ゲームを通して―.[環境共生,29,(2016),3-12]木谷忍、長谷部正、北山暁


The Influence of Formal Mindsets on Decision Maker Attitudes When Confronted with Difficult Problems : A view of Gaming Simulation “Lost in Space” Using Inner Measurement.[W.Bertelsmann Verlag,(2014)]S.Kitani, T.Hasebe


An alternation of students' philosophy of life after 2011 East-Japan great disaster.[Health and the Environment Journal,3(3),(2012),36-45]Shinobu Kitani*, Hiroyuki Yasue, Shin Oyamada


子どもの遊ぶ環境づくりへの支援態度に関する基礎的研究-子どもの遊びの多様性の回復のために.[環境共生,20,(2012),24-33]木谷忍*,木村美智子


高度経済成長社会での地域文化保全意識への共感―中国蔚県での伝統工芸「剪紙」の工場経営を巡るロールプレイゲーミングから―.[シミュレーション&ゲーミング,23(1),(2013),1-9]木谷忍*,小山田晋,チョウウンボ


全件表示
主要総説・解説記事

特集:演じることの世界.[シミュレーション&ゲーミング,25(1), (2015), 1-2]木谷忍


東日本大震災の経験から再考する自然環境との共生-食と農と村をつなぐ地域再生へ展望.[19, (2012), 3-6]木谷忍,小山田晋


ゲーミングシミュレーションによる体験が意味するもの.[ゲーミング・シミュレーション型授業の構築(秋田大学特色GP報告書), (2008), 87-90]木谷忍


「農」とふれあう人間行動に着目した新しい生活空間の形成に関する基礎的研究.[科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書, (2005)]木谷忍、長谷部正、伊藤房雄、大鎌邦雄、両角和夫、川本隆史、野村希晶、徳永幸之、大村道明


環境教育の整備による国際貢献の方法に関する予備的研究.[環境省地球環境研究総合推進費研究成果報告書, (2004)]進士五十八、廣松毅、阿部治、前川孝昭、稲森悠平、藤川吉美、鐘ヶ江秀彦、木谷忍、松井啓之


全件表示
学術関係受賞
  • 日本環境共生学会論文賞(2017)
  • 日本シミュレーション&ゲーミング学会 論文賞(2012)
  • BEST PAPER AWARD, International Environment & Health Conference(2012)
  • 日本計画行政学会論文賞(2003)
全件表示
報道
    全件表示
    学外の社会活動
    • 子どもの遊び場所に関する調査(小中高との連携)(2009-2010)
    • 西公園杜の応援団事業(ボランティア活動)(2010-)
    • 地球環境研究連絡委員会HDP専門委員会(その他)(2003-)
    全件表示
    外部機関における活動
      全件表示
      行政機関・企業・NPO等参加
        全件表示
        オープンキャンパス・研究所公開等
          全件表示
          データ更新日
          2018.06.30
          Englishこのページのトップへ
          copyright(c)2005 Tohoku University