研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
沼崎 一郎
NUMAZAKI Ichiro
所属
大学院文学研究科・文学部
人間科学専攻
人間文化科学講座
文化人類学分野
職名
教授
学位
博士(人類学)
研究分野
  • 文化人類学・民俗学
全件表示
研究課題
  • 台湾の経済発展と社会文化変容の人類学的研究 (1986-)
  • 初期アメリカ人類学の学説史的研究 (2012-)
  • 人権問題の人類学的研究 (1995-)
全件表示
研究キーワード
文化人類学,台湾,日本,人権,男性性
所属学会
  • 日本文化人類学会
  • 日本台湾学会
  • East Asian Anthropological Association
全件表示
学会活動・学会役員
  • East Asian Anthropological Association・理事(2013-)
  • Anthropology of Japan in Japan・理事(2017-)
  • 日本台湾学会第17回学術大会実行委員会・委員長(2014-2015)
全件表示
主要著書

はじめての研究レポート作成術.[岩波書店,(2018)]沼崎一郎


世界民族百科事典.[丸善出版,(2014)]国立民族学博物館編


台湾社会の形成と変容.[東北大学出版会,(2014)]沼崎一郎


交錯する台湾社会.[(2012)]沼崎一郎・佐藤幸人


つながりの文化人類学.[東北大学出版会,(2012)]高谷紀夫・沼崎一郎


全件表示
主要論文

The Difference in Size and Style of Anthropology Education in Japan and in the United States of America.[Asian Anthropology,16,(2017),172-180]Ichiro Numazaki


「生の流儀(Way of Life)」としての文化―ボアズ派人類学のアメリカ的転回(1).[東北大学文学研究科研究年報,(66),(2017),33-66]沼崎一郎


台湾における日本語の日本文化/日本人論ー「ポストインペリアル」な読解の試み.[『日本はどのように語られたか』(桑山敬己編、昭和堂),(2016)]沼崎一郎


フランツ・ボアズにおける「文化」概念の再検討(3)―感情と理性の普遍性と相対性―.[東北大学文学研究科研究年報,65,(2016),131-164]沼崎一郎


台南市青少年訪問団派遣事業―被災者招待型ツーリズムの人類学.[日本台湾学会報,(18),(2016),4-18]一條文佳・沼崎一郎


全件表示
主要総説・解説記事

医療体制そのものに性の多様性をもたせよう!-意識改革より制度改革を.[医学書院 看護教育,58(3), (2017), 196-202]沼崎一郎


夫婦別姓に関する2015年12月16日大法廷判決について.[別姓通信,(18), (2016), 26-44]沼崎一郎


EAAA2015年研究大会に参加して.[文化人類学,80(3), (2015), 468-472]沼崎一郎


学問的な誠実さ (Academic Integrity) を習慣づける教育を.[医学書院 看護教育,56(9), (2015), 700-706]沼崎一郎


「つまらない」講義を、私は続ける!.[医学書院 看護教育,56(6), (2015), 550-556]沼崎一郎


全件表示
報道
    全件表示
    学外の社会活動
      全件表示
      行政機関・企業・NPO等参加
      • 仙台女性への暴力防止センター(NPO) 会員(2002-)
      • (地方公共団体) 宮城県女性と子供安全・安心社会づくり懇談会 委員(2013)
      全件表示
      メールアドレス
      メールアドレス
      データ更新日
      2018.02.01
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University