研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
水野 健作
MIZUNO Kensaku
所属
高度教養教育・学生支援機構
教養教育院
職名
その他
生年月
1952.06
学位
理学博士
研究分野
  • 機能生物化学
  • 細胞生物学
  • 医化学一般
全件表示
研究課題
  • 細胞骨格再構築のシグナル伝達機構に関する研究 (1998-)
  • 一次繊毛の形成機構 (2011-)
  • 細胞のメカニカルシグナル応答機構 (2013-)
全件表示
研究キーワード
細胞内シグナル伝達, 細胞骨格, 細胞運動, 一次繊毛, メカノバイオロジー
所属学会
  • 日本生化学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本細胞生物学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本生化学会・評議員(2001-)
  • 日本細胞生物学会・評議員(2000-)
全件表示
主要著書

Comprehensive Endocrinology, The Pituitary Gland, second edition (ed. by Imura, H.).[Raven Press,(1994)]Mizuno, K., and Matsuo, H.


Hepatocyte growth factor-scatter factor and the c-met receptor (eds. by Goldberg, I. D., and Rosen, E. M.).[Birkhauser Verlag,(1993)]Mizuno, K., and Nakamura, T.


Signal Transduction of Cell Division, (ed. by Miki, T.).[Research Signpost,(2005)]Kaji, N., and Mizuno, K.


細胞骨格と細胞運動/竹縄忠臣編.[シュプリンガーフェアラーク東京,(2002)]水野健作


細胞骨格・運動がわかる/三木裕明編.[羊土社,(2004)]大橋一正、水野健作


全件表示
主要論文

Peptide C-terminal alpha-amidating enzyme purified to homogeneity from Xenopus laevis skin..[Biochem. Biophys. Res. Commun.,137(3),(1986),984-991]Mizuno, K., Sakata, J., Kojima, M., Kangawa, K., and Matsuo, H.


Cofilin phosphorylation by LIM-kinase 1 and its role in Rac-mediated actin reorganization..[Nature,393(6687),(1998),809-812]Yang, N., Higuchi, O., Ohashi, K., Nagata, K., Wada, A., Kangawa, K., Nishida, E., and Mizuno, K.


A pathway of neuregulin-induced activation of cofilin-phosphatase Slingshot and cofilin in lamellipodia..[J. Cell Biol.,165(4),(2004),465-471]Nagata-Ohashi, K., Ohta, Y., Goto, K., Chiba, S., Mori, R., Nishita, M., Ohashi, K., Kousaka, K., Iwamatsu, A., Niwa, R., Uemura, T., and Mizuno, K.


Cofilin promotes stimulus-induced lamellipodium formation by generating an abundant supply of actin monomers..[J. Cell Biol.,177(3),(2007),465-476]Kiuchi, T., Ohashi, K., Kurita, S., and Mizuno, K.


NDR2-mediated Rabin8 phosphorylation is crucial for ciliogenesis by switching binding specificity from phosphatidylserine to Sec15..[EMBO J.,32(6),(2013),874-885]Chiba, S., Amagai, Y., Homma, Y., Fukuda, M., and Mizuno, K.
10.1038/emboj.2013.32


全件表示
主要総説・解説記事

LIMキナーゼによるコフィリンリン酸化とアクチン細胞骨格の時空間的制御.[羊土社 実験医学,24(9), (2006), 1289-1294]水野健作


コフィリンのリン酸化と細胞運動.[共立出版 蛋白質核酸酵素増刊「細胞骨格と接着」,51(6), (2006), 516-521]西田満、水野健作


LIMキナーゼによるコフィリンのリン酸化とアクチン細胞骨格の制御.[日本生化学会 生化学,71(5), (1999), 345-350]水野健作


受容体型チロシンキナーゼSky/Tyro3のリガンドはプロテインSか?.[秀潤社 細胞工学,15(2), (1996), 222-228]水野健作、大橋一正


生理活性ペプチド前駆体のプロセシングに関与する酵素系の生化学的研究.[日本生化学会 生化学,61(12), (1989), 1435-1461]水野健作


全件表示
学術関係受賞
  • 日本生化学会奨励賞(1988)
  • 日経BP技術賞大賞(1995)
全件表示
報道
    全件表示
    学外の社会活動
      全件表示
      外部機関における活動
        全件表示
        オープンキャンパス・研究所公開等
          全件表示
          ホームページ
          http://www.biology.tohoku.ac.jp/lab-www/mizuno_lab/
          メールアドレス
          メールアドレス
          データ更新日
          2019.04.17
          Englishこのページのトップへ
          copyright(c)2005 Tohoku University