研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
吾妻 行雄
AGATSUMA Yukio
所属
大学院農学研究科・農学部
資源生物科学専攻
水圏生物生産科学講座
水圏植物生態学分野
職名
教授
学位
博士(農学)
研究分野
  • 水産学一般(ウニ類の生物学、生態学、水産学)
  • 水産学一般(水圏植物生態学)
全件表示
研究課題
  • 海産植食動物と海藻の相互関係に関する生態学的研究 (1998-)
全件表示
研究キーワード
ウニ, 海中林, 磯焼け, 相互作用
所属学会
  • 日本水産学会
  • National Shellfisheries Association
  • 日本水産増植学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本水産学会東北支部会・支部長(2014-2016)
  • 国際学会Sea Urchin 2003・国際委員会委員(2002-2003)
全件表示
主要著書

Edible sea urchins: Biology and Ecology.[Elsevier, Amsterdam,(2001)]吾妻行雄


Sea urchins: biology and ecology.[Elsevier,(2013)]第15章Yukio Agatsuma 第28章Yukio Agatsuma 第29章Yukio Agatsuma 第30章Yukio Agatsuma 第32章John M. Lawrence, Yukio Agatsuma
ISBN978-0-12-396491-5


Oceanogr. Mar. Biol. Annu. Rev., 40..[Taylor & Francis, London,(2002)]N.L. Andrew, 吾妻行雄, E. Ballesteros, 他25名


Edible sea urchins: Biology and Ecology. Second edition.[Elsevier, Amsterdam,(2007)]吾妻行雄*


Sea urchins: fisheries and ecology.[DEStech Publication, Lancaster,(2003)]吾妻行雄, 酒井勇一, N.L. Andrew


全件表示
主要論文

Age determination, reproduction and growth of the sea urchin Hemicentrotus pulcherrimus in Oshoro Bay, Hokkaido, Japan..[J. Mar. Biol. Ass. U.K.,84(2),(2004),401-405]吾妻行雄*,中多章文


Factors causing brown-colored gonads of the sea urchin Strongylocentrotus nudus in northern Honshu, Japan.[Aquaculture,249(1-4),(2005),449-458]吾妻行雄*, 佐藤 実,谷口和也


Instantaneous effect of dibromomethane on metamorphosis of larvae of the sea urchins Strongylocentrotus nudus and Strongylocentrotus intermedius.[Aquaculture,251(2-4),(2006),549-557]吾妻行雄*,關 哲夫,蔵多一哉,谷口和也


Food of the sea urchins Strongylocentrotus nudus and Hemicentrotus pulcherrimus associated with vertical distributions in fucoid beds and crustose coralline flats in northern Honshu, Japan.[Marine Ecology Progress Series,352,(2007),125-135]遠藤 光*, 中林信康, 吾妻行雄, 谷口和也


Growth and gonad production of the sea urchin Hemicentrotus pulcherrimus in the fucoid bed and algal turf in northern Japan.[P.S.Z.N.: Marine Ecology,26(2),(2005),100-109]吾妻行雄*, 中林信康, 三浦信昭,谷口和也


全件表示
主要総説・解説記事

国際会議Sea Urchin 2003.[日本水産学会 日本水産学会誌,69(6), (2003), 998-]吾妻行雄


キタムラサキウニの栽培漁業の基礎となる生態学.[日本栽培漁業協会 さいばい,(100, 101), (2002), 42-50]吾妻行雄


磯焼け域における海中林造成.[水産工学,42(2), (2005), 171-177]谷口和也, 吾妻行雄


温暖化傾向下の東北・北海道の海と漁業.[海洋出版株式会社 月刊海洋,38(3), (2006)]津田藤典,吾妻行雄,谷口和也 成田美智子,遠藤 光,吾妻行雄,谷口和也


全件表示
学術関係受賞
  • 日本水産学会水産学進歩賞(2011)
全件表示
報道
  • 膨らむブランド化の夢エゾバフンウニに注目(出演・執筆 新聞 三陸新報)(2009)
全件表示
学外の社会活動
  • 東北大学サイエンスカフェ(講演会・セミナー)(2010)
全件表示
外部機関における活動
    全件表示
    行政機関・企業・NPO等参加
      全件表示
      オープンキャンパス・研究所公開等
        全件表示
        データ更新日
        2019.04.02
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University